竹内一郎の一覧

「竹内一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/09/26更新

ユーザーレビュー

  • アストライアの天秤(3)

    3巻も面白い

    3巻で終わりということですが、一つのシナリオ毎に主人公が一般人であったり、弁護士であったりと話が複数話あり読み応えがあります。
    もう少しいろんな話を読みたかったと思える作品です。
  • やっぱり見た目が9割
    同じ著者の前作「人は見た目が9割」は10年くらい前に読んだのですが
    とても面白く読んだ記憶があったのでこの本も手に取ってみました。

    仕事柄芸能人と呼ばれる人を目にすることがありますが
    やはり見た目からオーラを感じます。
    この人たちは常に人に見られる立場にあるから
    それを意識して行動しているんだろう...続きを読む
  • やっぱり見た目が9割
    「目力」
    目は口ほどに物を言うって言いますよね。
    面接で自信に満ちた目で笑みを浮かべて入ることができたら合格に限りなく近づくと思います。

    面接のアドバイスするときこの話はしなかったなあ。
    川の流れのように一連の所作はシミュレーションできるように言いますが目力については言ってなかったように思います。...続きを読む
  • 人は見た目が9割
    服飾の本かと思ったらσ^_^;
    ノンバーバルコミュニケーションが占める割合は言葉の占める割合に比較して圧倒的に高いというものです。
    確かに言葉は伝達手段なんですけど目は口ほどに物を言うって

    まあ非言語をうまく使いこなせないと仕事もうまくいかないので。
    まあ使うように努力してますσ^_^;
  • 人は見た目が9割
    非言語コミュニケーションについて書かれた本。
    タイトルだけ見ると外見のみについて述べられているように勘違いしてしまうかもしれないが、見た目やふるまい、においや間(ま)など、様々な非言語のコミュニケーションについて考察している。
    最近読んだ新書の中では群を抜いて面白かった。

特集