君塚直隆の作品一覧

「君塚直隆」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/03/18更新

ユーザーレビュー

  • 物語 イギリスの歴史(上) 古代ブリテン島からエリザベス1世まで
    7世紀頃七王国が形成され、マーシアのオファ王がイングランド初めての王となり、初の法典を作った。
    9世紀からバイキング(イングランドではデーン人と呼ばれる)の侵略を受ける。ウェセックスの王アルフレッドはこれを撃退し大王と呼ばれる。アルフレッドの孫は初めてイングランド王と公式に呼ばれた。賢人会議を開催す...続きを読む
  • 君主制とはなんだろうか
    君主制にフォーカスして歴史を読みとくと、歴史の流れが腑に落ちる。
    君主制と共和制の違いは全然理解していなかったが、とても読みやすく理解することができた。

    エリザベス女王は広報の大事さを痛感しTwitter、YouTube、インスタグラム、ホームページを充実させ国民に伝えるようにした。最近、日本でも...続きを読む
  • カラー版 王室外交物語~紀元前14世紀から現代まで~
    1166

    君塚直隆(きみづかなおたか)
    1967年東京都生まれ。立教大学文学部史学科卒業。英国オックスフォード大学セント・アントニーズ・コレッジ留学。上智大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程修了。博士(史学)。東京大学客員助教授、神奈川県立外語短期大学教授などを経て、関東学院大学国際文化学部教...続きを読む
  • 女王陛下の影法師 ──秘書官からみた英国政治史
    英国君主と議会の間で奔走した国王/女王秘書官たいう役割から見た英国政治史。
    「君臨すれども統治せず」とは全く政治に関わらないということではない、立憲君主の役割が、秘書官の仕事から見えてくる。
  • 悪党たちの大英帝国(新潮選書)
    大英帝国を築いてきた7人の「悪党」(アウトサイダー)を紹介している。その7人とは、ヘンリ八世、クロムウェル、ウィリアム三世、ジョージ三世、パーマストン子爵、デイヴィッド・ロイド=ジョージ、ウィンストン・チャーチル。科学技術社会論の観点からは、時代的にやはりロイド=ジョージとチャーチルの部分が興味深か...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!