田内志文の作品一覧

「田内志文」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2024/03/25更新

ユーザーレビュー

  • シャーロック・ホームズの護身術バリツ
    1899年のピアソンズマガジンの連載が令和に邦訳で読めるとは!! 図もしっかり入って、素敵な装丁

    たまたま趣味で忍術教室に通っておりました私として読んで驚いたのは、「素手での護身術」の章が、古武術系の教室で教えてもらえる護身術とだいぶ似てたことです。ああ、19世紀ロンドンにもおもしろ体術教室があっ...続きを読む
  • 失われたものたちの本
    描写はグロテスクでしたが、物語の展開はさくさく進んでとても読みやすかったです。大人の事情により悩む主人公の揺れる感情がほんの少しですが、共感する部分がありました。昨年、「君たちはどう生きるか」という映画を拝見しました。この本と似ている部分があり、どちらの作品にも違う良さがありました。こちらの作品もぜ...続きを読む
  • 1984
    不気味で恐ろしすぎる。
    全体主義の完成系のような世界がリアルに描かれている。
    最初の方は、不気味で荒廃した世界観やら、主人公たちはどうやって国家を転覆させるのだろうかといった期待感でワクワクしながら読んでいたが、いい意味でも悪い意味でも期待を裏切られた。
    オブライエンが実は味方だとずっと信じてたのに...続きを読む
  • 失われたものたちの本
    グロテスク描写が苦手な人にはあまりおすすめできないけど、ストーリーはすごく好き。

    主人公のデイヴィッドの、思春期らしい多感で繊細で善良なだけではない人間らしい心の動きが、大人の視点で読んですごくいじらしくなってしまう。自分が思春期の頃を思い出しても共感できる部分は多かったけど、同じくらいの年齢の頃...続きを読む
  • 1984
    組織に隷属するのを妨げるような必要以上の意志と知性をもってはいけない世界。
    人の弱さがリアルで共感する部分も多かったが、痛々しくて読んでて疲れた。
    拠り所を全て破壊された主人公は気の毒でした…

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!