新訳 道は開ける

新訳 道は開ける

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「人はどうやって不安を克服してきたか」 永遠とも言えるテーマに、多くの人の悩みと向き合ってきたカーネギーが綴る、現代にも通ずる「不安、心配、悩み」の克服法。名著『道は開ける』の新訳文庫版。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年12月10日
紙の本の発売
2014年11月
サイズ(目安)
1MB

新訳 道は開ける のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    多くの事例を基にして、不安や悩み、疲労を解消する方法を説いた本。

    不安や悩みは考えれば考えるほど、より深みに嵌まってしまいます。不安や悩みが発生したら、まずは自分が何に不安や悩みを感じるのかを洗い出しましょう。洗い出しが終わったら、次に問題解決の方法を考えること。問題解決の方法が思い浮かんだら、後...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月31日

    具体例が多い。多少煩わしい時もあるが、これが読む際の手助けとなっているように思う。
    私は一回しか読んでいないが、それでも日常のなかでふとした時に思い起こされる教訓は多い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月12日

    現在までで自分が読んだ本の中では最も影響がある本。まず驚くのはカーネギーの文章の読みやすさ、そして親しみやすさ。教室で講義を受けている感覚が味わえる。カーネギーが言うに「答えはすでに知っている」。知っていながらもできない人生の知恵を教えてくれる。彼の教えを実践するために能力はいらない。ただカーネギー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年01月06日

    齢30も近づき、重責のために仕事から逃げ出したくなった時に読んだ本。悩みの解消のためのバイブルになりうる内容で、年齢問わずお勧めしたい。メンタルコントロールの手法について、実例とともにわかりやすく書かれていて、仕事から逃げ出す必要もないのだな、という気になったし、生産的な心構えになることがてきた。。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月08日

    新訳にて『道は開ける』再読。不安が病気の元になる。不安を解消する4つの手順として、一、不安の原因を明確にする 二、最悪の結果を書き出す 三、解決方法を書き出す 四、解決に向けて行動する この4つのプロセスを実際に行動に移すことで奇跡が起こる。そんな実例を挙げながら、読者に勇気を与えてくれるのが本書で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月02日

    「落ちてるとき」か「ノッてるとき」で言えば、
    「落ちてるとき」に非常にオススメの本です。

    もう、仕事も人間関係も人生も何もかもうまくいかないし、もういやだ死にたい><! と思うことがあったら、

    行動に出る前に、まずこの本を読んでみてと言いたい。

    そこまではいかなくても、
    最近なんだか怒ってばか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月23日

    ”人はどうやって不安を解決してきたか”という不朽のテーマを存分に書いた名著である。我々はいつも不安である。それをどう向き合い、取り除いていくかはとても大切なことだ。心の平穏とは最悪の事態を受け入れるところから生まれる、何が不安なのかを明確に書き出す、自分に何ができるのかを書き出す、どうすべきかを決め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月19日

    冒頭の「九つのヒント」だけでもいいのだが。

    自己啓発の本は、日本ではカッパのように薄く、活字スカスカの本が喜ばれるが、アメリカでは、カーネギーのようにじっくり読ませるケースが満載の分厚い本が喜ばれるようだ。読者層の知的レベルが違うのかもしれないが、それ以外にも、宗教やプリンシプルに対する態度が、彼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています