ジョージ・オーウェルの一覧

「ジョージ・オーウェル」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/07/19更新

ユーザーレビュー

  • 一九八四年[新訳版]
    1949年に発刊されていながら、今なお色褪せることのない名作。ジョージ・オーウェル作は動物農場も読んだが、人間社会やイデオロギーへの洞察が深い。 自分の中でのビッグ・ブラザーのイメージは、全体主義や共産主義のさらに進化したバージョン。 家畜化された動物は脳が衰退するというが、それを人間で実践していく...続きを読む
  • 一九八四年[新訳版]
    とんでもない話

    感想を伝えるには語彙力と読解力と想像力が足りなすぎる

    多分人生であと数回は読むだろう

  • 一九八四年[新訳版]
    徹底的なディストピア。世界をこうしてはいけないということを伝えるための小説。最後は読んでいてきつかった。
  • 一九八四年[新訳版]
    SF小説、ディストピア小説の古典。
    有名な本だけあって、さすがの迫力。


    北朝鮮や旧ソ連もビックリの超監視社会で、人々はテレスクリーンという各部屋に設置されたテレビにより監視され、
    人々は体制の思うように、都合の良いように操作される。過去の歴史はすべて改変され、余計なことを考えないように言葉自体も...続きを読む
  • 一九八四年[新訳版]
    権力者が権力を持ちつづけるために最適化された一種の社会主義国家において、真理と愛を貫き通そうとした男が、国家を愛するように教育され、そしてこの世から存在が消去される。これに優しい支配とヘルシズムを加えればまさに伊藤計劃の『ハーモニー』の世界観になる(年代から言えば後者が前者からインスピレーションを得...続きを読む

特集