「ジョージ・オーウェル」おすすめ作品一覧

【ジョージ・オーウェル】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/12/16更新

ユーザーレビュー

  • 一九八四年[新訳版]

    いつか読まなくてはと思いつつ積読が続き、トランプ政権に移った直後、本書が米国で飛ぶように売れたという奇怪なニュースをきっかけに読むことに。そして読後もなかなかレビューが書けなかった本の一つです。

    <ビック・ブラザー>率いる党が国民を24時間支配・監視している世界。反対派にあたる危険分子をもとから断...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 一九八四年[新訳版]

    アメリカでベストセラーになったニュースを見て気になったので購入した。
    初めて読んだのは随分前で、改めて熟読するとその内容に驚愕した。
    1949年に出版された小説だが、その後の世界の姿を予言したかのような言い様のないリアルさ。
    歴史を改ざんし、事実を都合よくねじ曲げる指導部。モニター(テレスクリーン)...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 動物農場

    社会主義に対する風刺を動物の寓話になぞらえた作品。支配される側の動物たちが矛盾に気づき疑問を呈しながらも、支配する側に言いくるめられて有耶無耶になってしまうさまには、リアリティが感じられた。非常に面白かった。

    Posted by ブクログ

特集