一九八四年[新訳版]

一九八四年[新訳版]

作者名 :
通常価格 720円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※こちらの作品は、Android端末及びLideo端末と、他のOS端末の間でしおり同期ができません。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

〈ビッグ・ブラザー〉率いる党が支配する超全体主義的近未来。ウィンストン・スミスは、真理省記録局で歴史の改竄に従事していた。彼は奔放な美女ジュリアとの出会いを契機に、伝説的な裏切り者による反政府地下活動に惹かれるようになる。

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワepi文庫
ページ数
512ページ
電子版発売日
2012年08月10日
コンテンツ形式
.book

「一九八四年[新訳版]」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2019年05月19日

政治や社会構造を語る人が、相手も当然この本を読んでいるだろうと考えた上で、小説の中のキーワードやその内容を話の中に織り交ぜることがあるので、漠然とながらあらすじは知っているつもりでいた。
けれど実際に読んでみると、予想していた筋と重なる部分はありながら、そのリアリティ、難解さ、おぞましさは遥かに予想...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月02日

2019/05/02
戦慄を覚えずにはいられない、身の毛もよだつ世界。それなのに先が気になって読まずにはいられない。ビッグブラザー率いる党に監視されコントロールされてる世界。逆らうことはおろか疑問を抱くことさえ許されない。顔はブーツで踏み潰されるためにある。誰もがアイデンティティを破壊される101号...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月29日

450ページ超。読み通すのは大変だったがとても面白かった、かの有名なディストピア小説。1945年頃に1984年を思い描いて書かれた内容で今振り返って合っているとか合っていないとか、当たっているから価値があり外れているから価値がないというわけでは全くない。かのアインシュタインでさえたった10年先の未来...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月21日

戦争は平和
自由は隷従
無知は力

詭弁のようなこの文言が、読み終わったいま痛いほど分かる。丹念な拷問の効果は、主人公スミスにとっても、読んでいる私にとっても十分にあったと言える。
もちろん世界はここに書かれたようにはなってはいない。それでも国家に、会社に、家族に、友人に、私たちは多かれ少なかれ縛ら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月20日

う〜ん…。
もう少ししたらこの世界になるのかどうか。

「 実現しない(あるいはさせない)予言書 」として、多くのひとに読んでいただきたい小説です。
と、アジカンの後藤正文さんが書いた帯がついていた。

う〜ん…。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「一九八四年[新訳版]」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,491

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!