「高橋和久」おすすめ作品一覧

「高橋和久」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/10/18更新

ユーザーレビュー

  • 一九八四年[新訳版]
    ディストピア小説の代名詞でもあるジョージ・オーウェルの代表作。およそ70年前に35年後の未来を風刺的に描いたものだが、体制維持のための国家的記録改竄、「真理省」など実態と背反する呼称、あらゆる矛盾を受け入れる「二重思考」など絶望的に今日の日本社会と類似している。
  • 一九八四年[新訳版]
    既視感。
    鋭すぎる分析。小説でありながら、20世紀後半の特に政治分野での影響がものすごく大きかったというのも納得の作品。外国文学でここまでスラスラ読めてしまうことに驚くほど。
    ただ、本書を深く理解するには、少なくとも高校レベルの政治経済の知識はマスト。
  • 一九八四年[新訳版]
     噂通りの悲劇に終わり満足。そのまま現在の社会に適用できるわけでもないし、いくつかの未来予測は外れている(高度技術社会になれば教育を高度化させざるを得なくなりその結果知識を得た労働者たちは富の偏在や不公正をもたらしている社会を打倒するだろう、など。今日の主要国では、高学歴化が確かに進展しているのに富...続きを読む
  • 一九八四年[新訳版]
    ジョージ・オーウェルといえば、"Animal Farm" が高校1年の1学期の教科書だった。当時の英語力じゃ最後まで読みきれずにそれきりになっていたので、オーウェル作品は実に10年弱ぶりに読んだことになる。残念ながらこの分量を英文で読む気になれなかったけど、とにかく面白かった。なんだか色々と自分の生...続きを読む
  • 一九八四年[新訳版]
    言葉と暴力による概念からの思想統制。

    最初に読んだのは確か中学時代。
    それから何度も再読するたびに思うのは、やっぱり『言語』は人間の生み出した至上にして最強の発明品だなぁという感慨深さ。

    作中のニュースピークというのは、単語を徹底的に削除して端的に物事を表現する、新たな言語形態である。
    例えば、...続きを読む

特集