宮台真司の一覧

「宮台真司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:宮台真司(ミヤダイシンジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1959年03月03日
  • 出身地:日本 / 宮城県
  • 職業:大学教授

東京大学大学院博士課程修了。著書に『制服少女たちの選択』、『終わりなき日常を生きろ』、『透明な存在の不透明な悪意』、『援交から革命へ』などがある。1990年論文「権力の予期理論」で戦後5人目の東大社会学博士学位取得。

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/02/26更新

ユーザーレビュー

  • 私たちはどこから来て、どこへ行くのか
    読み応えあります。大切な事がたくさん書かれているけど、情報量が多すぎて覚えきれません。何度も読み返して忘れないようにしたい。
  • 音楽が聴けなくなる日
    法は、法でしかない。社会に、正解を委ねすぎ。
    みんな本音ではわかっているくせに、見て見ぬふりばかりする。こういうことを世の中の大多数の人は直感しなさすぎ、あるいは、目を背けすぎ。従う側も従わせる側も。頑張ればなんとかなる人こそ、社会のゲームの中に時限爆弾を埋め込むべき。不安なのはわかるが、それは人類...続きを読む
  • 終わりなき日常を生きろ ──オウム完全克服マニュアル
    一見、オウム事件についての本かと思いきや…良い意味で裏切られました。地に足つけて、現実見据えて泥臭く生きる、そんな「かっこいい」生き方マニュアル。
  • 経済政策の射程と限界
    2020/10/06社会学のレンジの広さ 神保哲生氏・宮台真司氏
    社会学者哲学者の視点は大きい

    経済学は科学の装いーその代償に矮小化
    アダムスミスは道徳哲学者
    道徳感情論 同感能力が社会構成人に備る
    国富論   神の見えざる手
    経済学には市場の外部性の前提がある
    社会学では経済学の主流争いは無意味...続きを読む
  • 音楽が聴けなくなる日
    ピエール瀧さん逮捕による電気グルーヴ作品回収・販売停止がテーマ。
    個人的にはおかしなことだと思ってたから納得できた。
    何かあるとすぐに叩こうとする風潮が問題なんだな。レコード会社もそれを恐れてる、っていうことであれば一方的に責めることはできないな。

    国際的に「薬物使用を犯罪として扱うよりも治療に切...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!