「宮台真司」おすすめ作品一覧

「宮台真司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:宮台真司(ミヤダイシンジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1959年03月03日
  • 出身地:日本 / 宮城県
  • 職業:大学教授

東京大学大学院博士課程修了。著書に『制服少女たちの選択』、『終わりなき日常を生きろ』、『透明な存在の不透明な悪意』、『援交から革命へ』などがある。1990年論文「権力の予期理論」で戦後5人目の東大社会学博士学位取得。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/04更新

ユーザーレビュー

  • おどろきの中国
     中国観が大きく変わったきっかけとなる1冊。もっと勉強せねばと強く思う。
     3人の鼎談というスタイルがよかったのか、複雑な課題に対して、複眼でとらえることができる点が本書の良いところ。何か妙な主張ばかりする、すぐパクる、という良いイメージがない国だったが、少し改めて、歴史観とともに共生を目指したい。...続きを読む
  • 戦争する国の道徳 安保・沖縄・福島
    3人とも今の日本を憂いている。危機感を持っている。日本がアメリカの属国的な立ち位置から脱却し、真の独立性を取り戻すために安易な国家主義的ナショナリズムに走るのではなく、保守主義の神髄を説く。
  • 戦争する国の道徳 安保・沖縄・福島
     東浩紀、宮台真司、小林よしのりのゲンロンカフェの対談を書籍化。

     この対談は今年(2015年)一番の衝撃だった。
     かつて保守とリベラルという違う枠組みの中にいた宮台真司と小林よりのりだが、今では劣化した感情に異を唱え、共闘とさえいえる状態だ。
     私は小林よしのりさんの言葉を20年ぶりに見聞きし...続きを読む
  • 戦争する国の道徳 安保・沖縄・福島
    宮台真司を見直すことが出来たのが最大の収穫。結局現在は右も左も迷走しているというのは同意。どうしても悲観的になってしまうね。
  • 原発社会からの離脱
    非常におもしろかった。我々が知らない画期的な自然エネルギーについての話がたくさんあってとても勉強になる。飯田さんの豊富な知識もさることながら宮台氏の鋭い考察も読んでいて唸らされる。なぜもっと早く読んでおかなかったんだろう?

特集