「見城徹」おすすめ作品一覧

「見城徹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/06/05更新

ユーザーレビュー

  • たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉
    著者の熱い想いを肌で感じる事ができる作品です。
    著者である見城徹氏は、株式会社幻冬舎の創業者、代表取締役社長であります。
    また、ご自身も凄腕の編集者として、数々のベストセラーを世に輩出してきました。
    そんな著者の、仕事に対する考え方や、結果を出し続けている人たちの共通点、人生に対する熱い想いをこの一...続きを読む
  • たった一人の熱狂
    読むだけで背筋にビリビリと刺激が走り、何かをしなければと衝動に駆られる。全てにポジションを取って議論しているから、全てに対して手放しで賛成できるわけではないけど、確固たるポジションで言葉を発し、加えて背後には応援の気持ちが見え隠れするのが優しく繊細なんだなと感じさせる。
  • 読書という荒野
    編集者としての著者が考える読書論が展開されている一冊。メディア等で人気を博しているが、内容は骨太であり、人間の本質に迫るものである。

    著者は、「自己検証、自己嫌悪、自己否定の三つがなければ、人間は進歩しない」と断言しており、これは言語による深い思考なくしては不可能であると言う。そして、この言語や思...続きを読む
  • 読書という荒野
    見城さんの仕事、読書に対する熱量が凄くて、それに押されるかのように一気に読んだ。
    ビジネス書、実用書のような「すぐに役に立つ」本ばっかり読んでたら駄目だなと思った。

    図や絵、写真や動画など人に何かを伝える手段は色々あったとしても、その元となるのは人間の思考や想像で、それを構成するのは、基本は言葉。...続きを読む
  • 読書という荒野
    読書観というものが、ここまで人によって違うのか、というのを見せつけられる。

    見城徹さんの本は、過去感度か読んだことがあるのですが、過去で一番やられた本です。良い意味でも悪い意味でも。

特集