「見城徹」おすすめ作品一覧

「見城徹」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/06/05更新

ユーザーレビュー

  • たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉
    【感想】
    「憂鬱でなければ仕事じゃない」でお馴染みの、幻冬舎・見城社長の本。
    圧倒的努力を持って日々圧倒的な結果を出し、仕事に本気で向き合い、朝から晩まで骨の髄まで仕事にのめり込む。
    日常生活でも惰眠をむさぼらず、ストイックにトレーニングを怠らない。
    そして、毎晩一日の振り返りを行なう。

    この人は...続きを読む
  • 読書という荒野
    【概要】
    見城徹にとっての
    本が持つ意義、少年時代から編集者に至るまでの半生、作家との思い出、本と同じく重要な旅と恋愛、死
    が綴られている。
    自分のなかにないモノを本や人、旅を通じて知り、そして客観的に見直すことで得た「何か」を自分の血肉としている。そうして人間として前進している。その過程と細部が垣...続きを読む
  • 読書という荒野
    【感想】
    「読書」というよりも「言葉」の大切さ。
    こんなにもストイックにやらなければいけないのかと思いつつ、見城徹の類を見ないストイックな姿勢に心が揺さぶられた。
    常に渇き、絶望し、逆境に身を置き、1日1日をフルスロットルで生きるこの男は、実際一緒に仕事をするとどうなんだろう?
    外から見る分にはスゴ...続きを読む
  • 読書という荒野
    読書というものが少し見えてきました。 散々ビジネス書を読んできましたが、これからは恋愛小説や、感情が動く小説を読んで自己表現の言葉のボキャブラリーを増やして行きたい
  • たった一人の熱狂 仕事と人生に効く51の言葉
    著者の熱い想いを肌で感じる事ができる作品です。
    著者である見城徹氏は、株式会社幻冬舎の創業者、代表取締役社長であります。
    また、ご自身も凄腕の編集者として、数々のベストセラーを世に輩出してきました。
    そんな著者の、仕事に対する考え方や、結果を出し続けている人たちの共通点、人生に対する熱い想いをこの一...続きを読む

特集