中原尚哉の一覧

「中原尚哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/09/17更新

ユーザーレビュー

  • サイバー・ショーグン・レボリューション 下
    3部作完結編。最後までテンション落とさずに走り切った。恋愛関係にない、所属の違う男女バディものという点は第一作の「ユナイテッドステイツオブジャパン」に共通するか、むしろ2作目の「メカサムライエンパイア」がちょっと雰囲気違うのか、あれだけ青春してるし。メカメカしさでは三部作の中でも一番濃いかな、そこが...続きを読む
  • マーダーボット・ダイアリー 下
    楽しんで読めた。主人公は過去に殺人(それも多数)を犯したことがあるが、その記憶を消されている戦闘用アンドロイド。戦闘能力を活かして護衛の仕事をしているが、趣味がドラマ鑑賞で一人称が「弊機」(これは訳者の手柄だが)、人間が苦手、という、なかなか人間くさい主人公。Twitterでは「かわいい」という感想...続きを読む
  • ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上
    もしも日本・ドイツの枢軸国側が戦争に勝っていたらというIfの話を元にした話。この本の歴史では、日本は最初にドイツとソ連を攻めアメリカの対日参戦を遅らせ日本が先にアメリカに核を落とすという話だ。この日本は戦時中のように特別警察隊や秘密警察などが暗躍していたり、天皇が絶対視されるなどの戦前・戦中の日本が...続きを読む
  • マーダーボット・ダイアリー 下
    〈弊機〉って読めますか?意味はわかりますか?
    これは、本書の主人公が自身を呼ぶときの一人称です。僕でも俺でも私でもない「弊機(へいき)」。
    クローンの皮膚という有機的部分と、機械という非有機的部分の複合体=〈構成機体〉である主人公「弊機」は、保険会社の所有する人型警備ユニットで、会社の顧客の警備を業...続きを読む
  • マーダーボット・ダイアリー 上
    〈弊機〉って読めますか?意味はわかりますか?
    これは、本書の主人公が自身を呼ぶときの一人称です。僕でも俺でも私でもない「弊機(へいき)」。
    クローンの皮膚という有機的部分と、機械という非有機的部分の複合体=〈構成機体〉である主人公「弊機」は、保険会社の所有する人型警備ユニットで、会社の顧客の警備を業...続きを読む