「中原尚哉」おすすめ作品一覧

「中原尚哉」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 下
     陸軍検閲局大尉・石村紅功,通称ベンと特高課員・槻野昭子(作者的にはこっちが主人公らしい)は憲兵に追われる身となる。非合法ゲーム『USA』を制作し、アメリカ人レジスタンスの手助けをしているらしい六浦賀将軍の首級を挙げてこの窮地を脱することを目指す。向かう先はレジスタンスと激しい戦闘がなされ壊滅状態に...続きを読む
  • ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン 上
     第二次世界大戦で日独が勝った世界。ディックの『高い城の男』の設定を頂いて、新たな物語を紡ぐ。作者は日本文化びいきの韓国系アメリカ人。ティエリャスと読みたくなる名前だが、本人がトライアスといっているようだ。

     アメリカは東側がドイツに支配され、西側が大日本帝国の領地となっている。それは『高い城の男...続きを読む
  • ラグランジュ・ミッション
    難しかったけど、人生初めてのSFでした。読み終えることができて良かった。次は『火星の人』かな(笑)
    科学的な言葉が次から次へと出てくるので、僕のような理系がとてつもなく苦手な人間には、いい経験になる(笑)
  • 死者の代弁者〔新訳版〕(下)
    これは心の救済の話。子供らしい幼少期を過ごせなかった人たちにとっては特別迫るものがあると思います。誰にもいいたくない!というのは誰もわかってくれるはずがないと思うからなんだよね。この人はわかってくれる!そんな人が突然現れたら…。本当に読んでよかった。
  • 死者の代弁者〔新訳版〕(上)
    エンダーのゲーム映画化・再翻訳に伴い、同じく再翻訳された続編。面白い!前作もとてつもなく面白かったけどこれを書くために書かれたプロローグなのではないかと思われるくらい本作は内容が濃いい。思想の異なる人々が織りなす社会、個々の人々が抱える理解し得ないことから生じる孤独。真の思いを伝えることなく死んでい...続きを読む

特集