安東能明の一覧

「安東能明」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料作品コーナー

作品一覧

2020/06/05更新

ユーザーレビュー

  • 出署せず
    柴崎警部シリーズ第二弾。
    5つの短編集。
    警務でありながら刑事事件に深く関わらざるを得ない。
    署内の運営を円滑にするべく動いたことが事件の解決に繋がる。
    撃てない警官も面白かったが、こちらもとても面白かったです。
    柴崎警部は所轄から本部へ戻ることはあるのでしょうか?それも楽しみ。
  • 伴連れ
    柴崎令二シリーズ第3弾、事務方で出世を狙う柴崎が、元上司の陰謀によって左遷させられた警察署で、捜査現場に駆り出される…的シリーズである。

    が、今回の主役は柴崎というより、この巻から登場した、今時の女性警察官高野巡査。警察手帳を紛失するというとんでもない登場の仕方をする第1話から始まって、彼女の成長...続きを読む
  • 広域指定
    左遷された所轄で奮闘する元エリートの柴崎警務課長代理を描いたシリーズ4作は初の長編、読みごたえがある。幼女の行方不明事件が発生、有力な容疑者は、別の幼女殺人遺棄事件で容疑者となった男だ。すべての状況が彼を犯人と指し示す中で、疑いを持った柴崎は部下の女性刑事と真相を追求する…
  • 出署せず
    撃てない警官続編。
    柴崎警部はまだ所轄にいた。前作で警視総監直属の花形セクションから左遷させられたのだったが、春の異動内示はなく警務課の課長代理のままだった。
    今回、新しく同年代バリバリのキャリアの女性署長を迎え、補佐していく。

    捜査の経験はほとんどないが、柴崎警部は管理畑にいるのがもったいないほ...続きを読む
  • 撃てない警官
    派手なアクションや操作はまったくなく、主人公が正義の塊というわけでもない。が、本庁へ返り咲きたいという人間くささ、欲と、綾瀬署管内で起こるいくつかの事件の行く先が気になり、一気に読める。事件ごとの短編なのもいい。シリーズを読破しよう。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!