消えた警官(新潮文庫)

消えた警官(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

小幡弘海巡査部長は、二年前に忽然と姿を消した。生活安全課に異動した矢先のことだ。綾瀬署に所属する、柴崎令司警務課長代理、上河内博人警部、高野朋美巡査の三人は、小幡についての捜査を始める。ひき逃げ。老女の不審死。女子高生絞殺。足と頭脳で難事件を解決しながら、三人は底知れぬ謎へと迫ってゆく。警視庁が放棄した失踪事件に果てはあるのか。あなたの胸を貫く本格警察小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2020年06月05日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

消えた警官(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月29日

    2年前に失踪した刑事小畑の行方を軸にした連作小説集。主人公芝崎警部がひき逃げ、施設での老女の不審死、女子高生絞殺、女性身投げ事件を追う…。騒ぎの一つ一つの短編も読み応えあり。地味だが(逆に地味に)これだけ読ませる正統派警察小説は珍しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月05日

    シリーズ第6弾。
    キャラクターもおなじみになってきた。
    今作は上河内が際立つ。
    短編集のようにも読めるが、
    「警官の失踪」というひとつの大きな謎が
    全編を貫く。
    派手さはない警察小説だが、
    ラストに向かうにしたがって、スピード感が増していく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    小幡弘海巡査部長は、二年前に忽然と姿を消した。生活安全課に異動した矢先のことだ。綾瀬署に所属する、柴崎令司警務課長代理、上河内博人警部、高野朋美巡査の三人は、小幡についての捜査を始める。ひき逃げ。老女の不審死。女子高生絞殺。足と頭脳で難事件を解決しながら、三人は底知れぬ謎へと迫ってゆく。警視庁が放棄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています