鬼子母神

鬼子母神

作者名 :
通常価格 756円 (688円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

保健センターに勤める保健婦の工藤公恵は、渡井敦子という若い母親からの異常な電話を受けた。ただならぬ様子を察して駆けつけた公恵が目にしたのは、敦子の三歳になる長女・弥音が血まみれとなった姿だった。幼児虐待――そう直感し、渡井母子を注意深く見守り続けるが、事態は意外な方向へ……。平凡な家庭に潜む地獄図を描く衝撃作。 しかしながら、これは今、起きている現実だ! 新進気鋭の作家、渾身の物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎文庫
電子版発売日
2015年08月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

鬼子母神 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年09月20日

     保健婦としてセンターに勤める工藤公恵は、日々、たくさんの母子と接してきた。そんな中、検診で自分の子供が病気ではないのかとしつこく迫ったという、渡井敦子・弥音母子のことを同僚から聞く。そしてある日なぜか公恵はその渡井敦子から名指しで電話で助けを求められることになる。

     保健婦として母子の様々な問題...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月26日

    読んでいて、首を絞めあげられているかのような苦しさを感じた。
    少し読んでは本を置き、読んでは置き。

    夏の、じっとりとした暑さ、しかし体の芯と末端が冷える冷たさに終始包みこまれた。

    MSBP(代理ミュンヒハウゼン症候群)がテーマ。
    ドラマ化もされている。

    霊より人間がやはり怖い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月10日

    保健センターに勤める保健婦の工藤公恵は、渡井敦子という若い母親からの異常な電話を受けた。ただならぬ様子を察して駆けつけた公恵が目にしたのは、敦子の三歳になる長女・弥音が血まみれとなった姿だった。幼児虐待―そう直感し、渡井母子を注意深く見守り続けるが、事態は意外な方向へ…。平凡な家庭に潜む地獄図を描い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    児童虐待・・何とも傷ましい事件がテーマとなるこの小説。

    心を病んでいる母親のダークな描写に、何とも「どんより感」が漂っている。

    しかし主人公である保健婦:工藤公恵も、清廉潔白なわけではない。

    スーパーで万引きするし、自分の娘も虐待している・・・



    タイトルである「鬼子母神」は、母でありなが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています