女形警部

女形警部

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

高部研一は一般家庭出身だが、歌舞伎好きが高じて子役のオーディションに合格。頭角をあらわし、女形として将来を期待されていた。
しかし高校卒業後、突然警察官に転身してからは、難事件を相次いで解決するなど、卓越した捜査能力が買われ、33歳で警視庁捜査一課の警部に昇任する。ところがその翌年、ふたたび歌舞伎界に復帰。人気女形・村山仙之助として活躍する裏で、捜査能力を惜しまれ「捜査技能伝承官」に任命、極秘に警察に籍を置く。
築地署の若き女性巡査・九重佐知とコンビを組んで、舞台と稽古の合間に、拉致監禁、ストーカー、地面師等、都会にはびこる悪に睨みを利かせているのだ――。

観察眼と事件の筋読みは天下一品の女形警部・仙之助の活躍を描く。実力派が放つ、型破りな警察小説!

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2019年05月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

女形警部 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    歌舞伎役者と刑事、二足のわらじで活躍する村山仙之助こと高部研一。子役から警官、警視庁捜査一課の警部に昇進後、再び歌舞伎役者に復帰という経歴が面白い。相棒は、歌舞伎好きを買われて抜擢された、入庁2年目の巡査・九重佐知。仙之助の稽古や舞台の間を縫っての捜査で事件を解決していく短編4つ。刑事物としてソコソ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています