俵万智の一覧

「俵万智」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:俵万智(タワラマチ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1962年12月31日
  • 出身地:大阪府
  • 職業:歌人

早稲田大学在学中より、歌人・佐佐木幸綱氏の影響を受けて短歌を始める。1986年、作品「八月の朝」で第32回角川短歌賞受賞。1987年、第一歌集『サラダ記念日』が280万部発行の大ベストセラーとなる。

公式Twitter

配信予定・最新刊

文藝春秋2022年10月号
NEW
950円(税込)

作品一覧

2022/09/09更新

ユーザーレビュー

  • サラダ記念日
    誰もが知っているベストセラーだけどまだ読んでいなかった本のうちの1冊。
    日常が5.7.5.7.7でストレート且つ綺麗に表されていて、情景がありありと浮かび上がるのがすごい…!これに影響されて短歌を始める人が多いのも納得。
    数年後に読み返したら、人生の違うステージにいる私はどんな受け取り方をするのかな...続きを読む
  • チョコレート革命
    夏休み-31

    激ヤバだ。激ヤバだ。自分の言葉がどんどん拙くなる。
    苦しい恋の歌に挟まれる、広い世界の土地模様。とにかく拙い私は語れないので、何首かひいて、勘弁。

    ------

    我はもう撃たれてしまいし鳥なれば君の視界の外に安らぐ

    故郷とは生地にあらず「家族」という花ことば持つ花咲くところ

    ...続きを読む
  • サラダ記念日
    俵万智、「みる」人なんだなと思う しおらしく愛おしくなにかをみる彼女こそがいちばん自由でいとおしいのだと思う きっと綺麗な目のレンズをしてる人だ
  • サラダ記念日
    「愛告げてしまいたけれどもう少し安全地帯を離れておかん」
    「「嫁さんになれよ」なんてカンチューハイ二本で言ってしまっていいの」
    が良かったかな。当時の俵万智氏と近い年齢なこともあり、感覚的なものも似ている。若気の至りなんて、簡易的な言葉で片付けていいのかは分からないけど、目の前にあることでいっぱいい...続きを読む
  • サラダ記念日
    再読:
    昨年角川武蔵野ミュージアムでやっていた俵万智展に行って、俵万智さんの日常の変化に驚いた。私と同年代くらいの時期の歌ばかり知っていたから、ああ今は母親として日々を送っているんだなあと

    ふと思い出したように手を伸ばしてみたけれど、ちょうど今の私と同い年に紡がれた言葉らしい、初めてチョコレート革...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!