「俵万智」おすすめ作品一覧

「俵万智」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2019年2月号

作品一覧

2019/01/10更新

ユーザーレビュー

  • サラダ記念日
    喜怒哀楽が詰まった歌が、時代や季節ごとに並び1つの物語が出来上がっていた。初めて短歌や歌集に触れた。美しいさを感じた。31文字でも思い、景色は伝わることに驚かされた。今まで触れようとも思わなかった文化が、たった1度触れ合っただけで虜にされた。自分でも31字の歌を作ってみたいと思った。

    美しき 世界...続きを読む
  • 牧水の恋
    一気に読んでしまいました…若山牧水の広々とした歌も人柄大好きなので、記念館まで行ったりなんたりしていたのですが…一体ワタシは今まで彼の何を見て何処を評価してきたのだろう(笑)そう、酒の歌だけじゃ無く、恋の歌も散々詠んでいると云うのに。過去に辛い恋をしたと云う知識のみでかかっていたことが恥ずかしい!
    ...続きを読む
  • 牧水の恋
    少年のゆめのころもはぬがれたりまこと男のかなしみに入る     若山牧水

    酒と旅と自然を愛した歌人、若山牧水。宮崎から上京して早稲田大学で学び、明治末期には、石川啄木の最期をみとった人物としても知られている。歌人の俵万智は、この度、そんな牧水の学生時代の恋愛に着目した評伝を執筆した。
    若き日の恋人...続きを読む
  • 牧水の恋
    若山牧水の歌はなぜか子供の頃から魅かれ続けてきました。なにより声に出して詠めば美しい響きがあります。旅と酒については知ってたつもりですが、今回俵万智さんが「牧水の恋」についてまとめられました。2018.8発行です。人妻で広島には2人の子どもまでいた園田小枝子、美人で背が高く牧水の1つ上、そんな小枝子...続きを読む
  • サラダ記念日
    日常のなんでもないことが本当は大切な一瞬で溢れていて、たまに現れる生々しさによってなんでもないことが際立つような。思わずスキップしに外に出たくなるような、優しい音楽のような、音読したくなる短編集。
    #サラダ記念日 #俵万智 #短歌 #読書記録

特集