「佐野眞一」おすすめ作品一覧

「佐野眞一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐野眞一(サノシンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年01月29日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

早稲田大学第一文学部卒。『旅する巨人』で第28回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『甘粕正彦 乱心の曠野』で第31回講談社ノンフィクション賞受賞。『東電OL殺人事件』、『小泉純一郎 血脈の王朝』など数多くの著書がある。

作品一覧

2016/10/28更新

ユーザーレビュー

  • 沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 上
    著名なジャーナリストである佐野眞一が沖縄を余すことなく取材した結果をまとめた本。

     上巻では、①(昭和)天皇や米軍を巡る沖縄県警の動向、②沖縄ヤクザや密貿易といった沖縄におけるアングラ勢力の動向、そして③國場組といった沖縄経済四天王や米国留学組、などをまとめている。
     文献的な調査もさることながら...続きを読む
  • 沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史 下
    著名なジャーナリストである佐野眞一が沖縄を余すことなく取材した結果をまとめた本。

     下巻では、①軍用地主、②尚市などをまとめている。
     上巻に引き続き、文献的な調査もさることながら、キーパーソンに対する詳細な取材が裏付けるリアルな沖縄が垣間見えてくる。文句なしに5つ星。
  • あんぽん 孫正義伝
    この本で読んでふと思ったことは、
    孫正義と言う人は、
    自分が在日であることに、
    異常なまでの「コンプレックス」を抱いて生きているんだな思った。

    また、その「コンプレックス」を隠すのではなく、原動力としている。
    原動力というか、感謝といっても良いと思う。

    少なくない人間が様々なコンプレックスを持っ...続きを読む
  • 唐牛伝~敗者の戦後漂流~
     本書の結語ともいうべき一節、<唐牛は、安保闘争が終わったとき、常民として生き、常民として死のうと覚悟した。それは彼の47年の軌跡にくっきりと刻まれている>には、後追いながらも同時代の空気を吸い続けた佐野氏の、そしてあの時代を熱く生きた男たちの唐牛健太郎に寄せた夢を解き明かしてくれたように思う。
     ...続きを読む
  • あんぽん 孫正義伝
    佐野眞一と言えば、数年前、橋下徹をハシシタと呼び出自を侮蔑する事で悪名を上げたが、本来はバリバリの実力派ルポライターで、私は里見甫を取り上げた戦前の満州阿片利権の書により、彼の取材力の高さ、その魅力に取り憑かれた。その彼がハシシタ騒動以前に書き上げたのが、この孫正義伝。ライター大御所としてのプライド...続きを読む

特集