沖縄戦いまだ終わらず

沖縄戦いまだ終わらず

作者名 :
通常価格 723円 (税込)
紙の本 [参考] 777円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

戦後70年の沈黙を破って、孤児たちが“あの夏”の辛く哀しい記憶を語り始めた。だが、オスプレイ、米軍基地、集団レイプ……沖縄の現状はあの頃と変わっていない。沖縄の叫びはなぜ本土に届かないのか。『僕の島は戦場だった』を改題し、米軍普天間基地の辺野古移設問題が争点だった2014年県知事選挙の原稿を加え、今なお続く“沖縄戦”に迫る。現代日本の歪みを暴く渾身のルポルタージュ。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
416ページ
電子版発売日
2015年07月17日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年07月10日

著者の佐野眞一氏の作品は前作の「沖縄 だれにも書かれたくなかった戦後史(上)(下)」をも読んだが、この作品もノンフィクション作家である佐野氏の真骨頂の一冊である。
第1章から第5章までは戦中から戦後の詳細な調査とインタビュー等をとおして孤児たちのその後から集団自決の真実などを細かく調査し、最後の第6...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月15日

沖縄戦そして集団自決から続く沖縄の現在。戦争孤児の悲劇から援護法の欺瞞、沖縄保守本流であった翁長知事が何故辺野古移設に反対するのかまでを、個々人を浮き彫りにしながら語る。
日本人は沖縄の意思に対して意見を言えるのか?言える立場にあるのか?
野中、小渕亡き後(野中さんは生きてるか)、日本と沖縄をつなぐ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています