東電OL症候群(シンドローム)

東電OL症候群(シンドローム)

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

女なら誰しもがもっているんじゃないかしら、そういう堕ちてみたいといった感情を――。『東電OL殺人事件』に自らを投影した女たちの肉声、赤裸に語られた事柄は胸が潰れるほどの真摯な性だった。「逆転有罪」で迷走を続ける法廷、新たに起きる事件。死してなお強い磁力を発するエリートOLの眼差しが、日本社会の闇までをも浮き彫りにする。もはや瞠目するしかない、渾身のルポ。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
東電OLシリーズ
ページ数
444ページ
電子版発売日
2012年05月11日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

東電OL症候群(シンドローム) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年11月17日

    326.23
    続編の本書から読んでしまったが、被害者である渡邊泰子さんが摂食障害であったなどの背景も興味深い一方、元東京高裁裁判官である村木保裕の少女買春については全く無知だったため後半かなり引き込まれて読んだ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    東電OL裁判の途上
    関係者や裁判官にまで副次的な事件が波及・連鎖してゆくさまが
    まるで死者の手引きのようでもあり、
    皆汚いものなのよ、と、泰子が示唆しているようでもあり、
    そう思わせる現実の出鱈目さと相まって、非常に考えさせられる。

    堕ちて命をなくしたOL。
    それが死して尚、浮き彫りにし続けるもの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月16日

     毎晩、円山町に立つ東電OLの精神の闇について興味はあるが、殺害した犯人が冤罪であったこと、また新犯人像などには興味がない、読み物として一貫性はあるにしろ、同じことを何度も主張する意味が不明である。最大の読みどころは東電OLに共感する女性たちのインタビュー箇所かな

     以下は同事件を題材にした小説
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月15日

    『東電OL殺人事件』の続編。
    無罪判決から一転、有罪無期懲役を言い渡し、迷走を続ける司法。
    そんな中、作者は感想を寄せた読者に会い、話を聞いたりと被害者女性の闇に更に踏み込む。
    そうしていくうちに、社会の闇へ闇へと導かれる。

    2015.2.15

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月02日

    『東電OL殺人事件』の続編。『東電OL殺人事件』は読んだのだが、続編の方を読んでいなかった。最近、無罪という形で決着したことで、この本が重版となったようだ。

    続編では、この事件に触発されたかのような事件の伝播が描かれており、それがタイトルにシンドロームと言葉を冠した理由なのだろう。現代の暗部をこれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月12日

    最近の裁判をめぐるさまざまな報道や震災に対応する会社の苦悩などがこの事件と重なって、再度東電OL殺人事件を読み返してみた。この東電OL症候群と両方読むことで、最初は感じなかった作者が伝えたかったことが少しでも深く理解できたような気がしている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    グロテスクを読んでいたのでそういうことだったのかと思って読んだ。孤独とずっと向き合ってきた被害者に共感をおぼえる女性も多いだろうな。でもその人を神格化するのは違うと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    同著者の「東電OL殺人事件」の補足本とも言える、加害者の判決後のルポ。「東電OL殺人事件」の印象があまりにも強すぎたので、それに比べると印象は薄いが、事実と著者の思考が丁寧に突き詰められている様は見事です。

    このレビューは参考になりましたか?

東電OL症候群(シンドローム) の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング

東電OL症候群(シンドローム) に関連する特集・キャンペーン