「三谷宏治」おすすめ作品一覧

「三谷宏治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三谷宏治(ミタニコウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年03月08日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:大学教授

東京大学理学部物理学科卒。インシアードMBA修了(フランスフォンテーヌブロー校)。『一瞬で大切なことを伝える技術』で啓文堂書店 2012 ビジネス書大賞。『経営戦略全史』で「ダイヤモンドHBR 読者が選ぶベスト経営書2013」第1位、と「ビジネス書大賞2014」となる。その他著書に『伝わる書き方』、『親と子の「伝える技術」』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/09/09更新

ユーザーレビュー

  • マンガ 経営戦略全史 革新篇
    マンガで説明している本は分かりやすいと、初めて実感。何度か読みたいと思った。流れが分かると、どのように考え出されたのか、また、どのような限界があり、後の手法で補完されていったのかよくわかる。経営戦略は、一人勝ちを狙うものだと思っていたが、もともとの出発点として、労使双方の繁栄を目指していたもの(ただ...続きを読む
  • 戦略子育て―楽しく未来を生き抜く「3つの力」の伸ばし方
    戦略子育て 楽しく未来を生き抜く「3つの力」の伸ばし方2018/6/28 著:三谷 宏治

    本書は「働く親」に向けての「育児書」である。
    AIやロボット、情報蓄積と検索技術がその能力を驚異的に上げる中、知識を持つこと、事務処理や作業能力が高いことなどはほとんど意味を持たなくなる。必要なのは、新しいも...続きを読む
  • マンガ 経営戦略全史 確立篇
    時代背景がわかると、なぜそのように考えたか理解しやすい。またその限界が分かる。整理しやすい。漫画なのでスイスイ読めるのもよい。テーマごとにまとめの文章もついているが漫画で十分。
  • ビジネスモデル全史
     三谷氏の前作「経営戦略全史」が面白かったので、本書も読んでみた。本書ではビジネスモデルを「ビジネス要素(売り方、作り方、儲け方、調達)の組み合わせ」と定義している。前作が競争優位の源泉にフォーカスしていたのに対して、本書ではよりビジネスの仕組み自体を論じている。400ページにわたって古今東西の様々...続きを読む
  • ビジネスモデル全史
    経済学・商学・経営学部あたりの学生が、本格的に授業始まる前に読んでおくと、けっこう深いところまで内容が理解できるようになると思う。社会人になってからも、ビジネスってそういうもんなんだなって一通り基礎的な知識として入れられるのでおすすめ。

特集