三谷宏治の一覧

「三谷宏治」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:三谷宏治(ミタニコウジ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1964年03月08日
  • 出身地:日本 / 大阪府
  • 職業:大学教授

東京大学理学部物理学科卒。インシアードMBA修了(フランスフォンテーヌブロー校)。『一瞬で大切なことを伝える技術』で啓文堂書店 2012 ビジネス書大賞。『経営戦略全史』で「ダイヤモンドHBR 読者が選ぶベスト経営書2013」第1位、と「ビジネス書大賞2014」となる。その他著書に『伝わる書き方』、『親と子の「伝える技術」』などがある。

無料作品コーナー

作品一覧

2021/06/28更新

ユーザーレビュー

  • 経営戦略全史【動画付き】
    p.5 〜7
    ・ポジショニング派:1980年代まで圧倒的
    1.外部環境が大切。儲かる市場で儲かる立場を占めれば勝てる
    2.アンゾフマトリクス、SWOT分析等の定量的分析を使用。

    ・ケイパビリティ派(組織・人・プロセス):1980年代以降優勢。
    1.内部環境が大切。自社の強みがあるところで戦えば勝...続きを読む
  • 新しい経営学 無料お試し版

    分かりやすい構成

    経営学ときいて難しそうな学問だと思っていましたが、この作品はとても分かりやすく解説されており、分野別に何をすべきなのかを指針していて役立つと思います。ミクロ・マクロな経済経営学に挑戦する場合は、この本で基礎を勉強してから手を出すとわかりやすいなと感じました。
  • 新しい経営学
    初学者が経営学の構造をわかりやすくイメージするには、非常に良い本だと思う。4つの機能から整理することで、他の本を読んだときも、今どこの話をしているな、ということがイメージできるようになった。経営学の整理の1つの方法として、重宝したい。
  • 経営戦略全史【動画付き】
    経営学のフレームワークは学んでいたが、それが歴史的にストーリーになっていたので面白かった。
    ポジショニング→ケイパビリティ→融合、アダプタビリティー、試行錯誤型経営、など大まかな流れが頭にスッと入った
  • 新しい経営学 無料お試し版

    分かりやすい

    仕事で少し経営学が必要となったためこの本を読んでみた。初心者向けという言葉通り、丁寧でわかりやすかった。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!