オリエント 東西の戦略史と現代経営論

オリエント 東西の戦略史と現代経営論

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

孫子からドラッカーまで! 「西洋×東洋の戦略論」を学ぶ。

『経営戦略全史』の三谷宏冶と『最高の戦略教科書 孫子』の守屋淳が、古今東西の「戦略」について語る。

始皇帝、劉備、孫子、渋沢栄一、 ドラッカー、ジョブズ、孫正義、桶狭間の戦い、日露戦争...etc

東西の視点から戦略について論じた「日経ビジネス」での大好評連載、書籍化。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
362ページ
電子版発売日
2021年06月28日
紙の本の発売
2021年06月
サイズ(目安)
29MB

オリエント 東西の戦略史と現代経営論 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月26日

    経営戦略全史同様、イントロダクションからストーリー仕立てで読みやすい。各章で関連書籍が紹介されているので、これをきっかけに話題を掘り下げられる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月12日

    始皇帝、孫子、渋沢栄一、 ドラッカー...。『経営戦略全史』の三谷宏冶氏と『最高の戦略教科書 孫子』の守屋淳氏が、「戦略」の視点からビジネスや歴史、戦争を読み解いていく。

    1章 成長Growth
    2章 創造Innovation
    3章 IT Information Technology
    4章 学習L...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

日本経済新聞出版 の最新刊

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング