経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ)

作者名 :
通常価格 3,080円 (2,800円+税)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

経営戦略100年の発展史を一気読み!
ビジネス革新をめぐる巨人たちの“冒険活劇”が
知的興奮を誘い、戦略実践のための新たな気づきに導く!!

本書は20世紀初頭から現在まで、約100年の間に登場した90余りの戦略コンセプトを、その背景とともに紹介する“ストーリーで読む経営戦略書”です。

多くの日本の会社が採用する、世界的には古典とされる経営戦略論から、21世紀の経営環境激変の中で生まれた最新の戦略緒論まで、ビジネス史の流れとともに俯瞰的に学ぶ事ができます。経営戦略の歴史を学ぶことは、同時にあなたの企業組織が、広大な戦略発展の歴史のどこに位置するかに気づき、さらに新しい戦略に取り組む道筋を発見することにもつながります。

これまでビジネス・経営を学んできた方の復習のために、また、これからビジネスに立ち向かう方のよき指南書として、おすすめしたい経営戦略書の新定番です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ディスカヴァー・トゥエンティワン
掲載誌・レーベル
ディスカヴァー・レボリューションズ
ページ数
432ページ
電子版発売日
2013年05月24日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
14MB

経営戦略全史 (ディスカヴァー・レボリューションズ) のユーザーレビュー

    購入済み

    面白い

    にん 2014年07月24日

    読みやすく面白かったです。一つ一つは知っていても、こういう関係だったとは。バラバラの知識が俯瞰できるようになりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月13日

    過去50年以上の経営戦略の理論の議論の過程をコンパクトにまとめた本。ドラッカー、ポーター、アンゾフ、ミンツバーグなど、お互いの理論を否定しながら経営戦略理論がどう発展して来たかが分かって、1度でも戦略立案に関わった事がある人なら面白いと思う。

    有名なフレームワークも多数出てくるけど、全ての環境変数...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月05日

    経営戦略100年史、132名の人物、書籍72冊にわたる経営理論やツールについて、概観を端的に説明されており、充分に自社や顧客をに当てはめて考えながら読める。知っているつもりでも、改めて考えるきっかけにもなる。気になるものは、原典にあたればよいし、とても参考になったと思う。私にとって的確な濃度というか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月17日

    難しいことを優しく説明する人好き
    そうか百花繚乱でどこから手を付けたらええねん
    みんなポーター言うけどそうじゃない人もいるよな

    と引いていたら
    ポジショニングとケイパビリティの戦い
    だったとは

    こういうきれいな整理すると「単純化出来るもんじゃない」って怒る人いるんだけどじゃあんた知ってるのと聞け...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月09日

    中小企業診断士試験を受けるにあたって、経営戦略に関する知識を整理したかったため購入しました。

    時代背景の変遷とともに発展した様々な経営戦略理論を、軽快な語り口で紹介しています。
    理論の裏にある教科書ではわからない裏事情を知ることができて知的好奇心が刺激されます。

    経営学を学ぼうという人だけでなく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月11日

    頭が整理される良き本。そしてとても面白い。再読価値有り。
    超要約してみると:60年代に始まったポジションニング派が80年代までは圧倒的で、それ以降はケイパビリティ派が優勢になったが陳腐化。ビジョナリーカンパニーもたくさん潰れたし、つまるところアダプティブ派が説くように一箇所に依拠しないで、自社がどの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月31日

    先にビジネスモデル全史を読んでから読むほうがおすすめ。経営戦略というものをひととおりさらえるので基礎・入門本としておすすめ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月17日

    今二章まで。
    すでにチョー面白い!!!
    今まで何となく使ってた経営戦略が繋がってきた!

    すべての経営戦略は、定量分析のテイラー、人間関係のメイヨー、その中間?のフェイヨルの三つに分けられる。
    ※フェイヨルの事は再度調査。ただ個人的には一番しっくりきてる!

    バーナード

    ワイドリックtows分析。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月17日

    去年の夏頃に読んだ。これも、今の自分に…というよりは未来への投資として。歴史ものとしても単純に面白いし、先人たちの肩に我々は乗っているのだなあということが実感できる。もう少し立場が変わったら読み直してみたい一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月04日

    経営戦略の歴史を様々な人々の説を援用して解り易く解説している。ポジショニング派とケイパビリティ派の論争は、究極のところ、内→外のベクトルで物事が決まるか、外→内で物事が決まるかの違いであり。思想における実存主義と構造主義の対立構造に還元できるかもしれないと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています