仙川環の一覧

「仙川環」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:仙川環(センカワタマキ)
  • 生年月日:1968年01月01日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:小説家

早稲田大学教育学部理学科生物学専修卒。 2002年デビュー作の『感染』で第1回小学館文庫小説賞を受賞。代表作の『終の棲家』はテレビ放送化されている。

作品一覧

2019/03/15更新

再発
  • ブラウザ試し読み

細胞異植(新潮文庫)
  • ブラウザ試し読み

人体工場
  • ブラウザ試し読み

潜伏
  • ブラウザ試し読み

転生
  • ブラウザ試し読み

繁殖
  • ブラウザ試し読み

聖母 ホスト・マザー
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 幸福の劇薬 医者探偵・宇賀神晃
    奇跡の薬があれば誰でも手にしたくなると思う。それが介護に関わるものなら尚更。ありがとうの一言さえあれば頑張れる。患者の家族の言葉が重かった。
  • 幸福の劇薬 医者探偵・宇賀神晃
    今年3月発行の文庫書き下ろしです。認知症患者の介護について、綺麗事だけでは済まされない大変さをテーマにしている作品です。個人、社会がどうすれば良いのか答えの無い課題を投げかけられます。
  • 聖母 ホスト・マザー
    代理母の話題は有名人(タレントや国会議員)の話として見聞きはしていて、それなりに思うところはあった。自分自身が子供を持っている事もあって、是非を問われても簡単に答えが出せない気がしていた。まさに、いろんな立場の人のいろんな思い(全てではないかもしれないが)が感じられて、とても考えさせられた。
  • 極卵
    異常な事態の謎がどのようなものか?女性ライターが丁寧に解き明かそうとする物語だが、色々と「最近の様子」に関して考えさせられる内容も多い…お薦めだ!!
  • 疑医
    本作には色々な要素が入っている…最近の医療は、面倒な検査や高額な薬剤や手術が多い他方、「どうしてもそれらが必要なのか?!」と素朴に人々が思わないでもない状況かもしれない。そうした中、正面からそれに異論を唱えるような医師が華々しく現れる…そして、華々しく台頭する人物の背後には、何やら各々に様々な思惑を...続きを読む