転生

転生

作者名 :
通常価格 627円 (570円+税)
紙の本 [参考] 628円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『感染』に続く大ヒット仙川医療ミステリー第2弾!医学部大学院卒で元大手新聞社医療担当記者という経歴を持つ筆者による、圧倒的なディテールとリアリティーで迫る医療ミステリー。今作は、20万部を超す大ヒット作品となった『感染』に続く第2弾。「その子はあなたの娘だ。引き取ってもらいたい」。突然身に覚えのない赤ん坊を託されたフリーライターの深沢岬は激高するが、出生を調べるうちに殺人事件に巻き込まれ、報酬欲しさに違法な手段で提供した自分の卵子が関連することを知る……。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
328ページ
電子版発売日
2011年03月01日
紙の本の発売
2006年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    前作の『感染』に続く医科学ミステリー第二弾。テンポの良い語り口とスピード感満点の文体でぐいぐい惹き付けられました。読み出したら止まりません。主人公のキャラがかっこよく、ラストもすっきり解決で良い!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月11日

    昔提供した卵子によって生まれた子供を押しつけられたフリーライターの主人公が、出生の真実に迫る。意外な結末でおもしろかった。いじめた元同僚がいいアクセント。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月24日

    巻末の解説で「ジェットコースター・ノベル」と評していました。
    読み終わった後でその記述を目にして、なるほど、と納得。
    この著者の本はコレが初めてでしたが、一気に読み終えました。
    最初は主人公の性格(目的のためなら手段を選ばない)などに嫌悪感を覚えていたのですが、終盤にかけて上手く成長させていって、最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月02日

    これは面白かった。
    読み進めたくなる気持ちがどんどん強くなっていく。
    どんどん引き込まれていくのがわかる。

    トリックのようなものは早い段階でやはりなんとなくわかってしまうが
    それがわかってもとりあえず話の先が知りたくなった作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月26日

    この作者は始めて読みました。フリーライターだった主人公が急に自分の子供だという赤ちゃんを押し付けられて、その親を探していく過程で徐々に母性に目覚めていくといった感じでしょうか。割とスピード感があったのか、サクサク読めました。ちょっと最終的に良い人になりすぎている気はしたけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月25日

    「その子はあなたの娘だ。引き取ってもらいたい。」

    フリーライターの岬は仕事の依頼で待ち合わせたホテルのロビーにいる時に1本の電話で目の前のベビーカーに乗ってる赤ちゃんを押し付けられてしまう所からスタート。
    最初は、産んでもいない赤ちゃんを押し付けられた事に激怒する岬。
    まぁ、『女→男。』の構図じゃ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    面白かったです。ただ、主人公がかなりイヤな女なのですが、それは作者が意図してそう描いているからで、そういう女だから最後の展開が活きてくるのだろうとは思うのですが、やはり主人公はもっと魅力的な方がいいなあという気がします。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    面白かったです。クローンがキーワード。ラストはあまりに綺麗過ぎる気もするけど、まあ、ハッピーエンドと言うことで良しとしましょうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    不妊治療の研究に使うという名目で、違法と知りつつ自分の卵子を売った過去を持つフリーライター。ある日突然、自分の卵子から生まれた子供だといって、成長した赤ん坊を押し付けられてしまう。秘められた過去を封印すべく赤ん坊の育ての親の調査に乗り出すが、関係者は次々と死んでしまい、殺人の容疑まで加わって、ますま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    スリリングな医療サスペンスでした!読んでいるとどんどん先が気になっていく本ですね。やはり人間でクローンを作るのはよくないことだと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています