山田風太郎の一覧

「山田風太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山田風太郎(ヤマダフウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1922年01月04日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

東京医科大学卒。1947年『達磨峠の事件』でデビュー。ミステリー小説、時代小説などの分野で数えきれないほどの作品をてがける。1958年発表の『甲賀忍法帖』から開始されたいわゆる「忍法帖」モノは空前の大ヒットとなり、人気作家の一人となる。『魔界転生』をはじめ多くの作品が映画・テレビドラマ、舞台化されている。

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/05/28更新

ユーザーレビュー

  • 風太郎不戦日記(1)
    「かくて日本に不機嫌と不親切と不平とイヤミ充満す。」

    「最低生活の確保」
    これぞ国難を救う根本の問題だ。

    怒りは湧いても何を信じてどうしろと言うのか…


    自分の力ではままならないことに巻き込まれ、それでも生きていく日々を描く。今の世界、日本の状況と重なるという評価もあちこちで見受けたが、そうだ...続きを読む
  • 風太郎不戦日記(1)
    山田風太郎青年の面構えが最高。第二次世界大戦末期、敗戦を予感しつつ疲弊する東京の日常が、コロナで自粛しつつ将来の不況に不安を抱くいまの日本とシンクロする。帯の「恐るべきドラマチックな1年間が始まる」って、これ今の事だよ。
  • 新装版 戦中派不戦日記
    深い洞察力で見つめた昭和20年の1年間。後に作家となる医学生の日記は貴重な一次資料。

    歴史は後世により書き変えられていくことがある。学校で習いドラマなんかに出てくる戦前、戦中の日本。まるで8月15日を革命が起きたかのような歴史観は全く違ったことが本書から良く分かる。

    日本国民は政府や軍閥に騙され...続きを読む
  • モーニング 2019年15号 [2019年3月14日発売]

    「探してよ」が読みたかった

    普段は絶対買わない雑誌ですがトウテムポールさんの読み切りが読みたくて買いました。ポールさんの読み切りって登場人物に感情移入して悲しい気持ちになっても必ず希望もセットで描いてくれるのでそこがお気に入りです。アフタヌーンの小説家の読み切りもよかったなぁ
    てるる現実にいたら絶対友達になれたと思う。
  • 戦中派虫けら日記――滅失への青春
    戦後から見た戦前の暗い抑圧された時代とは異なる現代と大きくは変わらない日常。戦争に巻き込まれる庶民、現代にもあり得ることを教えてくれる、戦中の貴重な一次資料。

    昭和17年11月25日から昭和19年12月31日まで。筆者20歳から22歳の日記。
    家を飛び出した天涯孤独の青年。軍需工場で働きながら大学...続きを読む