追読人間臨終図巻 I

エッセイ・紀行7位

追読人間臨終図巻 I

作者名 :
通常価格 1,485円 (1,350円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

作家、読書人など多くの人から愛される
希代の名著『人間臨終図巻』がまさかの漫画化!

戦後日本を代表する大衆小説の大家・山田風太郎が、
著名人(英雄、武将、政治家、作家、芸術家など)、
923人の死に様を切り取った『人間臨終図巻』。

本書ではその中から、紀元前~昭和まで、
出生順に120人を厳選して漫画化した。
歴史上の人物の意外な死に方に、
あなたは何を思うか?


【主な収録人物】

◎ピタゴラス
豆を踏めなくて市民に殺された

◎アレキサンダー大王
「何だかつまらない遺言」の内容とは

◎平清盛
平家物語に書かれた死に際が劇的すぎる

◎一休
七十代後半でも夜はお盛んだった

◎徳川家康
鯛の天ぷらを食べすぎて食あたり

◎勝海舟
最後の言葉の中の最大傑作「コレデオシマイ」

◎夏目漱石
「早くここへ水をぶっかけてくれ。死ぬと困るから」

◎小津安二郎
「何かいってないとたまらないんだ。ナンマイダ」

ジャンル
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
読楽
ページ数
176ページ
電子版発売日
2019年04月25日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
132MB
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年04月15日

    山田風太郎さんが書いた「人間臨終図鑑」を漫画化したそうで。原作を知らないのですが、読めば読むほど、それぞれにとって「死」は様々で、捉え方もそれぞれで、そして確かに全ての人にとって平等。「??」と思うような理由もあれば、理不尽な死もあれば、もったいない・・・と思う死もあり。でも、既に亡くなられている方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています