飲茶の一覧

「飲茶」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:飲茶(ヤムチャ)

公式Twitter

作品一覧

2020/11/05更新

ユーザーレビュー

  • 哲学的な何か、あと科学とか
    「科学的に証明された」というと曲げられそうもなく、正しいものだと思われがちだし、自分もそう思ってきたが、実はそんなこともなく、科学なんてもっと哲学的で抽象的な辻褄合わせであることをわかりやすい言葉、具体例を用いて説明してくれる本。
    量子力学の各解釈が素人にもわかりやすく概説されており、とても面白かっ...続きを読む
  • 史上最強の哲学入門 東洋の哲人たち
    1 どんな本?
    古代インドから始まる東洋の哲学を時系列順に初
    学者でも分かりやすくしかも面白く教えてくれる貴
    重な本。著者は悟りの境地に達しているのでは無い
    だろうか?

    2 なんで読んだの?
    (1) 飲茶さんの本だから。
    (2) 哲学の基礎を学びたいか...続きを読む
  • 哲学的な何か、あと数学とか
    「フェルマーの最終定理」を題材にして、
    "哲学的なもの"(=知への探究心やその情熱)について書かれた本。

    350年以上も解かれることがなかった数学における未解決問題が歴史の進展とともに少しずつ紐解かれていく中で、数多くの人々がどのような姿勢でこの問題へと取り組んできたのかどうか。また、彼らはそこに...続きを読む
  • 正義の教室
    飲茶氏の著作の中でも、ストーリー性が高く、ライトノベルのようなノリで読める。

    かつて正義のヒーローを信じていた少年、正義(まさよし)だが、高校生となった今では、正義とは何かがわからなくなっていた。学校の倫理の授業では、「平等の正義」、「自由の正義」、「宗教の正義」という3つの考え方があるという。そ...続きを読む
  • 史上最強の哲学入門
    初歩的かつ網羅的な哲学本。それぞれの理論の比較を、簡易に書いてあるので、初心者でも理解が進む。何度も読み返したくなる一冊。おもろいところとして、なぜ文明が遅れたのか。それはキリスト教のせいだと書いてあった。古代文明はテクノロジー社会だった。下水や治水技術。しかし、キリスト教が伝播することで、文字での...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!