哲学的な何か、あと科学とか

哲学的な何か、あと科学とか

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

未知の世界へようこそ!

哲学なんて面白くないと思っているアナタのためのテツガク入門、改訂版!


哲学というものは、実生活において、まったく役に立ちません。
いや、それどころか邪魔になるとすら言ってもいいでしょう。

では、なぜ、哲学をするのでしょうか?
それは単純に、哲学が面白いからです。

では、なぜ、みんなは(あなたは)哲学をしないのでしょうか?
それは単純に、哲学の面白さを知らないからです。

私は、哲学の面白さを伝えたくてこの本を書きました。
(「あとがき」より)

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見文庫
ページ数
344ページ
電子版発売日
2018年12月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

哲学的な何か、あと科学とか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年05月13日

    シュレディンガーの猫に代表される量子論やや相対性理論など、難しいと思われがちな分野を数式をほとんど(あるいは全く)使わないでわかりやすく、楽しく説明している。
    哲学と科学の間を書いた本で、自分たちが普段認識している「当たり前」についてよく考えることができる本。
    たのしぎてすぐに読み切った。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    最後まで面白く読める良本

    ルキ 2020年02月26日

    普段は漫画メインで活字の本はほとんど読まないのだが、最後まで読みやすく、この世の不思議が理解できてしまう良本。
    学術書ではなく娯楽本に近く面白く読めた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月03日

    ずっと理解出来なかったシュレリンガーの猫が、ようやく理解できた。文章がわかりやすかった。
    要点は以下;
    ・原理的な部分から証明することは難しい
    →私が絶対だと思ってた幾何学は、実は証明できない
    ・全ての物質の元となる原子でさえ、存在確率を示されたに過ぎない
    →シュレリンガーの猫について
    ・こころの有...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年04月05日

    「哲学的な何か、あと科学とか」飲茶


    不完全性定理(自己言及のパラドックス)
    ある矛盾のない理論体系の中に、肯定も否定もできない証明不可能な命題が必ず存在する。
    ある理論体系に矛盾がないとしても、その理論体系は自分自身に矛盾がない事をその理論体系の中で証明できない。
    例:「私は正直者であるor嘘つ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月06日

    大変興味深い!!
    哲学って口で説明するのが難しい分野ですし、何か研究している人はやばめな人のイメージが強いですが、こんだけおもしろおかしく紹介された興味をみなさん持つと思います。
    もとがブログ?か何かだったはずですが、その軽い口調も良いです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月07日

    この本は面白いと思いました。
    著者の飲茶氏は、いろいろ哲学系の本を書かれていて
    それぞれの本がなかなか面白い内容だったような気がします。
    今回のこの本は科学、とくに量子力学などの化学の真髄が
    よくわかる内容です。非常によくわかる内容でした。
    哲学と科学、イデア論。相対性理論。エントロピー増大の法則。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月23日

    科学にある程度信頼をおいていて、哲学にあまり触れたことのない人にすごくオススメ。
    哲学って面白い!って思えるし、あれっ?科学って突き詰めると絶対的な信頼をおけるかどうかは分からないなぁってことを思わされた。
    量子力学の話は物理を学んだことなくてもなんとなく理解できるように書いてくれているし、哲学的な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月11日

    普段当たり前に見えている世界も、よくよく考えてみたら不思議で満ち溢れている。そして、科学的に正しいとされていることでも、それがなぜ正しいのかを証明することは原理的に不可能である。量子力学やココロの問題を通して、自分を取り巻く世界のものの見方が変わる一冊。

    本書の最後の方に、自分とは何かについて、ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月29日

    タイトルが何か、イマイチとか。
    ・特殊相対性理論:速度=距離/時間、光速が一定であれば、距離と時間の方を変えるしかない。⇒観測者ごとに時間と空間の定義が異なる
    ・物体が光速に近づいていくと、時間の流れが遅くなっていく
    ・物体が光速に近づいていくと、その空間(長さ)が縮んでいく
    ・フォン・ノイマン:心...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年09月13日

    ある矛盾のない理論体系の中に、肯定も否定もできない証明不可能な命題が必ず存在する。

    ある理論体系に矛盾がないとしても、その理論体系は自分自身に矛盾がないことを、その理論体系の中で証明できない。

    どんな理論体系にも、証明不可能な命題(パラドックス)が必ず存在する。それは、その理論体系に矛盾がないこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

哲学的な何か、あと科学とか のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 哲学的な何か、あと科学とか
    未知の世界へようこそ! 哲学なんて面白くないと思っているアナタのためのテツガク入門、改訂版! 哲学というものは、実生活において、まったく役に立ちません。 いや、それどころか邪魔になるとすら言ってもいいでしょう。 では、なぜ、哲学をするのでしょうか? それは単純に、哲学が面白いからです。 では、なぜ、みんなは(あなたは)哲学をしないのでしょうか? それは単純に、哲学の面白さを知...
  • 哲学的な何か、あと数学とか
    数学にだって熱い血が通っている! フェルマーの最終定理という難攻不落な難問。 それに取り組む学徒たちの姿を通して人間が生きる意味を探るテキスト。 数学という学問の真に驚くべき「美しさ」「面白さ」は、この本の余白をすべて使いきっても書ききれるものではありませんが、数学がいかにロマンに満ちあふれた学問であるか、その一端を少しでものぞかせることができていれば幸いです。 (「文庫版あ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています