「柳広司」おすすめ作品一覧

「柳広司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/11/10更新

ユーザーレビュー

  • ダブル・ジョーカー
    D機関の育成が順調に進んでいる様子が伝わってくる。まずは帝国陸軍内に非地方人で組織された風機関を一蹴する。そしてナチス情報部でさえ手球に取られる。痛快ですらある。前作「ロビンソン」の外伝となる「眠る男」が特別収録されて、なかなか面白い一冊となった。
  • ジョーカー・ゲーム
    スパイ養成機関。短編集。一つ一つの話の視点、立場が違うのでとても面白い!
    積読しないでもっと早く読めばよかったなー。
  • パラダイス・ロスト
    大戦中、日本帝国軍内に秘密裏に存在したスパイ養成機関通称D機関。
    そこに所属するスパイ達を軸として、あるいは狂言回しに据えて語られる連作集第三弾。
    今巻のテーマは「選択」と「岐路」と「決断」。
    時間が進み第二次世界大戦の狼煙火が大きくなったせいか、今巻登場するスパイ達には、既刊とは一味違う印象を抱い...続きを読む
  • ジョーカー・ゲーム
    全編通してのキーパーソンとなる結城中佐の不気味な存在感が圧倒的。
    味方の裏切りで窮地に陥り、過酷な拷問を受けてもなお敵の機密情報を奪取し生還した伝説のスパイにして、化け物じみた12人の精鋭を集めたD機関の創立者。
    拷問の痕を隠すため常に白手袋をはめ杖をつき片足をひきずって歩く中年男だが、「魔王」の異...続きを読む
  • ジョーカー・ゲーム
    「死ぬな、殺すな、とらわれるな」
    軍隊組織の信条を真っ向から否定する「D機関」
    偽の名前、経歴、外見迄も変え周囲の人間を欺いて
    迄も1人で生きていける人間離れした化者の様な集団。

    華々しい活躍はなく、全て影に徹するスパイ小説
    なのに引き込まれる。

特集