「青木理」おすすめ作品一覧

【青木理】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/03/17更新

ユーザーレビュー

  • 抵抗の拠点から 朝日新聞「慰安婦報道」の核心

     「吉田証言」「吉田調書」訂正・取消を契機として燎原の火のように燃え広がったバッシングに対し、朝日関係者は何を思い、何を感じ、どのように応答したか(応答すべきと考えたか)。植村隆、若宮啓文、市川速水、外岡秀俊各氏のインタビューを収めた記録としての一冊。著者もたびたび指摘しているが、どこか社内の論理を...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 絞首刑

    ”死刑”の当事者たちにこれだけ迫ったルポはない。
    ”死刑”を取り上げた書籍は、その制度の特質性ゆえに、制度へのゼヒを問うものが多い。
    しかしこの本は現実だけを描いている。
    特に、被告人への迫り方と被害者家族へのインタビューはこれまでの書籍にないほどのものだ。
    特に、
    元少年たちの罪と罰
    は考えさせら...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 絞首刑

    冒頭の処刑シーンが強い印象を残すが、実は死刑囚の人間性をあぶり出し、読者に「死刑」について考えることを求めることがおそらくは著者が期待するこの本の目的だ(たぶん)。

    本書には多くの死刑囚が登場する。同じ死刑囚でいずれ首をくくられる(もしくは、すでにくくられた)といっても彼らは当然ながらそれぞれだ。...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集