「青木理」おすすめ作品一覧

「青木理」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/24更新

ユーザーレビュー

  • スノーデン 日本への警告
    ネットは便利で世界が広がるけど、これを読むとそれは誰でも情報を集めやすいので権力者がそれを使うとどうなるか。
    これを読むと、ただただ恐怖です。
    政府を信じてください何も悪いことはしませんからってそれでは戦時中に相通じるものがある。
    政治的にはどうでもよい不倫とかではなく、もっと大事なことを報道してほ...続きを読む
  • 安倍三代
    安倍晋三のルーツは山口県大津郡日置村蔵小田、現在の山口県
    長門市油谷蔵小田にある。しかし、安倍晋三自身が口にするのは
    母方の祖父・岸信介に関することが多い。

    「私は安倍晋太郎の息子だが、岸信介のDNAを受け継いだ」

    「昭和の妖怪」と呼ばれる政治家については没して以降も研究が
    続けられて...続きを読む
  • 安倍三代
    面白い。朝日新聞出版というのを差し引いても文句なく面白い。三代各々のコントラストと最後に桐野夏生まで出して、現首相の空疎さを炙りだす。本当に現首相には映画監督になって貰いたかった。
    しかし、政治の貧困と一言で政治家を断罪しても全く無意味で、要はこの国の民度の低さ・劣化度の表出そのものだと思う。改善す...続きを読む
  • 安倍三代
     安倍晋三の祖父といえば、誰もが母方の岸信介を思い浮かべるだろうが、本書はあえて父方の祖父、安倍寛(かん)に焦点を当てる。岸の孫としての安倍晋三の評価は、「岸の孫だから」となるだろうが、安倍寛の孫として見ると、間違いなく、「あの寛の孫なのに、なぜ?」となる。詳しくは是非本書を読んでほしいが、安倍寛は...続きを読む
  • スノーデン 日本への警告
    9・11以降、テロ防止の名目で広がった全世界の市民を対象にして広がった監視体制。アメリカの実態を告発したスノーデン氏が、今起きている深刻な事態(日本も的確に指摘)や権力を監視するための方向を明快に解説し、さらに監視社会の問題に詳しい日米の精鋭がシンポジウムで議論を多角的に深めるという2部構成となって...続きを読む

特集