トラオ 徳田虎雄 不随の病院王

トラオ 徳田虎雄 不随の病院王

作者名 :
通常価格 680円 (税込)
紙の本 [参考] 689円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

徳田虎雄氏の「正体」に迫る決定版評伝。

 日本一の病院帝国を築いた徳洲会創設者・徳田虎雄氏がいま、己の「生」と向き合っている。ALSとは身体を動かす神経系が壊れ、全身の筋肉が縮んでいく難病だ。02年春に同病を患った徳田氏は、もはや全身の自由が利かない。
 それでも眼球の動きで文字盤を追いながら、こう語るのだ。「これからがじんせいのしょうぶ」。
 だがそんな徳田氏にも「運命の時」が近づいている。13年に徳洲会グループは、次男・毅氏の衆院選を巡る公選法違反容疑事件で東京地検特捜部の強制捜査を受ける。さらに徳田氏自身の病も進行し、眼の動きすらままならなくなる「完全なる閉じ込め状態」も、近く訪れるかもしれない。
 窮地の徳田氏の「心奥」と徳洲会騒動の「核心」を気鋭のジャーナリスト・青木理氏が描く。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
352ページ
電子版発売日
2013年11月22日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「トラオ 徳田虎雄 不随の病院王」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年07月10日

 一代で日本一の病院帝国を築き政界進出も果たした徳洲会創設者、徳田虎雄の人生に迫る。
 
 猪瀬前都知事の辞職に絡んで大きな話題となった徳田虎雄と徳洲会。
 徳田の正しいことをするなら手段は何でも正しいという感覚、ALSになって尚トップとして病院経営を続ける程の恐ろしいまでのバイタリティ。さらに徳田...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月23日

ALSという病気、徳田虎雄さんという人、奄美諸島の歴史、医師会と徳洲会、選挙と政治のカネ、どれをとっても自分には知らなかったことばかりで、あっという間に読み終えてしまった。

自浄作用を持った組織としてこれからも存続して欲しいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月26日

徳洲会という病院を一代で築き上げた経営者の、壮絶な人生を振り返った話は、幼少時代の悔しい思いが、その後の医師になると言う方向を決めつけ、医師だけでは留まらず、政治に参戦したりと話題に欠ける事がない印象であるが、その志はぶれる事がなく、高尚な目的を果たす事に直向きに生きている姿が分かります。晩年、難病...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年02月10日

異形の病院王、徳田虎雄の正体に迫るルポルタージュ。
幼少期に徳之島の貧しい一家で育ち弟を病気で亡くし、苦学の末に大阪大学医学部に入学する様子に始まり、徐々に病院を拡大させながら多額の金がばら撒かれた衆議院選挙当選を経て、鳩山政権時代の普天間飛行場の徳之島移設問題まで、徳田虎雄を巡る様々な出来事が語ら...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年04月14日

徳田虎雄、全国に展開される徳州会の元理事長は、先般の公職選挙違反で一躍有名になったが、ALS (筋委縮性側索硬化症)に侵され寝たきりにながらも実験を握ってグループを率いていたという話も併せて広く知られるところとなった。本書は、公職選挙法違反により、徳州会の存在とその活動が世の中一般で広く知られるよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!