「船戸与一」おすすめ作品一覧

「船戸与一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:船戸与一(フナドヨイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1944年02月08日
  • 出身地:日本 / 山口県
  • 職業:作家

早稲田大学法学部卒。1979年『非合法員』でデビュー。『虹の谷の五月』での第123回直木賞ををはじめ多くの賞を受賞している。『伝説なき地』、『砂のクロニクル』 、『蝦夷地別件』など数多くの作品を手がける。「豊浦志朗」名義や「外浦吾朗」名義でも作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/07/21更新

ユーザーレビュー

  • ゴルゴ13ノベルズIII おろしや間諜伝説
    船戸与一『おろしや間諜伝説 ゴルゴ13ノベルズ3』小学館文庫 。

    船戸与一が作家デビュー前に外浦吾朗の筆名で脚本に携わった作品群から3作をセレクトし、小説に仕立て上げた全3巻のシリーズの最終巻。船戸与一の作品も、これが読み納めとなるのは何とも寂しい限りだ。

    ゴルゴ13の出生の秘密に迫る作品の一つ...続きを読む
  • 非合法員
    どこで教えられたか忘れたが、船戸与一のデビュー作と知らずに読んだ。この本が、出版時には全然売れなかったというのが信じられない。
    情報組織に関する情報源がなく、フォーサイスの作品から類推するか噂を受け入れるしかなかった、という話に納得する。
  • ゴルゴ13ノベルズI 落日の死影
    船戸与一『落日の死影 ゴルゴ13ノベルズ1』小学館文庫。

    船戸与一が作家デビュー前に外浦吾朗の筆名で脚本に携わった作品群から3作をセレクトし、小説に仕立て上げた全3巻のシリーズが3ヶ月連続でついに文庫化。船戸与一の作品で読んでいないのは、このシリーズだけなので文庫化を非常に楽しみにしていた。

    ...続きを読む
  • 蝦夷地別件 上
    アイヌにも目を向けよう、ということで会社の先輩からオススメの一冊…まだまだ序盤でも、ストーリー展開に胸熱です。
  • 砂のクロニクル 上
    想像以上の作品だった。文句なしの星5ツ。

    私がまだ若い頃、パーレビ国王、ホメイニ氏、イランイラク戦争などなどの単語はテレビのニュースでよく耳にしていた。でもそれだけだった。
    中東情勢については全く不勉強だったし、興味もなかった。
    この作品を読んで全てが繋がり全体像が見えた。

    昔から気になっていた...続きを読む