虹の谷の五月 上

虹の谷の五月 上

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【第123回直木賞受賞作!】トシオ・マナハン、13歳。フィリピン、セブ島のガルソボンガ地区に祖父と住み、闘鶏用の軍鶏を育てる日々だった。奥地の「虹の谷」には元新人民軍のゲリラ、ホセ・マンガハスがひとり住みついて闘い続けている。そこへ行く道はトシオしか知らない。日本から戻ってきたクイーンを谷に案内したことから、トシオはゲリラたちの内紛に巻きこまれていく。直木賞受賞の壮大な少年の成長物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
464ページ
電子版発売日
2014年04月04日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

虹の谷の五月 上 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月16日

    船戸与一作品にしては若い子が主人公の珍しいもの。他にも船戸作品の主人公になり得るような魅力的な登場人物が出てきます。滅びの美学だけじゃない美しさがあるのでおすすめです。綺麗なフィリピンの風景が浮かぶようでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     みんなはおいらのことをジャピーノと呼ぶ。ほんとの名前はトシオ・マナハン。父親は日本人だけどどんな人間なのかは知らない。母はエイズで死んだ。今はセブ島のガルソボンガ地区でじいちゃんとふたり、闘鶏用の軍鶏を育てながら暮らしてる。いまだに山奥に潜んでいる反政府ゲリラたちの活動はやまないし、地区の大物たち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月28日

    フィリピンのセブ島に生まれた日本人とフィリピン人のハーフの少年の成長物語。単純な子供が成長する過程にも、フィリピンという国のフィルターがかかると一味違う。暗い歴史の民族闘争の影がちらつくし、貧困もそうだ。とてもよく取材がされているので、小説の世界の中でいろいろなものを知ることができる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    セブ島に住むジャピーノ、トシオの成長物語。上下巻あって結構分厚いのだけど、スルスル読めます。セブ島の田舎を舞台に、フィリピンの内政事情、ゲリラ、清貧に暮らす人々に、日本の金に目がくらむ人間などが描かれています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    フィリピン セブ島のジャピーノ(フィリピン人と日本人のハーフ)の子が主人公なのよねぇ。
    miti、フィリピンへ行ったこと無いけれども、すーごく描写が丁寧なので、情景が目に
    浮かんだですよ。貧乏と志と世間、それと情勢のせめぎ合い。うなってしまうねぇ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月12日

    セブ島ガルソボンガ地区に祖父と暮らし闘鶏用の軍鶏を育てる13歳のジャッピーノ(日本人とフィリピン人のハーフ)=トシオ・マナハンが成長していく2年間の話
    ガルソボンガ地区にある虹の谷では、雨季に丸い虹が見られるという。
    虹の谷の洞窟に住み、新人民軍を追われた後もたった1人で闘い続けるゲリラ/ホセ・マン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    123回 2000年(平成12)上直木賞受賞作。社会派小説。セブ島で祖父と2人で暮らすフィリピン人と日本人のハーフ(通称ジャピーナ)の少年が主人公。闘鶏での賞金かせぎ、不正選挙、テロなどを経験して大人の世界へ足を踏み入れていく。フィリピンが舞台なので、日本ではありえない世界観がおもしろい。おすすめ。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月11日

    主人公の少年がうっかり過ぎていらっとくる場面の多々あるものの、わりとぐいぐい読ませる感じ。
    ずいぶん昔の時代だとは思うものの、現地ではこういったことが起きていたのだと思うと、現在のありがたみが多少わかるかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    フィリピンの田舎町が舞台の物語。
    所々にフィリピン人の特徴を上手く捉えている感がありますが、全般的にフィリピンが舞台である必然性があまりないような・・。ちなみに現在フィリピン在住です。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年08月05日

    人喰い花、白い女霊、丸い虹。
    フィリピン社会で健気に生きる少年ジャピーノ、締めくくりは最高!!
    だけど、メグはその答えで納得したのか??
    ホセと同じ轍を踏まないのか??

    このレビューは参考になりましたか?

虹の谷の五月 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 虹の谷の五月 上
    715円(税込)
    【第123回直木賞受賞作!】トシオ・マナハン、13歳。フィリピン、セブ島のガルソボンガ地区に祖父と住み、闘鶏用の軍鶏を育てる日々だった。奥地の「虹の谷」には元新人民軍のゲリラ、ホセ・マンガハスがひとり住みついて闘い続けている。そこへ行く道はトシオしか知らない。日本から戻ってきたクイーンを谷に案内したことから、トシオはゲリラたちの内紛に巻きこまれていく。直木賞受賞の壮大な少年の成長...
  • 虹の谷の五月 下
    715円(税込)
    【第123回直木賞受賞作!】トシオ・マナハン、14歳。セブ島で祖父とふたりで闘鶏用の軍鶏を育てている。ゲリラのホセ・マンガハスが住む「虹の谷」への道を知っていたことから暗殺、誘拐の硝煙の宴に巻きこまれていく。少年の夢。怒りと誇り。愛する者との別れ。慟哭の叫びを胸奥に沈め、少年は男へと脱皮して行く。第三世界の片隅から世界を睥睨する冒険小説、感動の巨編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています