山猫の夏 【新装版】

山猫の夏 【新装版】

作者名 :
通常価格 1,037円 (943円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

船戸冒険小説の原点(ブラジル篇)。ブラジル東北部の町エクルウは、アンドラーデ家とビーステルフェルト家に支配されている。両家はことごとに対立反目し、殺し合いが絶えない。そんな怨念の町に、<山猫(オセロット)>こと弓削一徳(ゆげいっとく)がふらりと現れた。山猫の動く所、たちまち血しぶきがあがる。謎の山猫の恐るべき正体はいつ明かされる? 南米3部作第1弾。 (講談社文庫)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
シリーズ
南米3部作シリーズ
ページ数
726ページ
電子版発売日
2013年09月13日
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

山猫の夏 【新装版】 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2011年10月10日

    南米ブラジルの呪われた町エクルウに現れた「山猫」と名乗る男と、エクルウの酒場で働く日本人「おれ」の真夏の冒険を描いた傑作です。

    山猫がとにかく渋くてかっこいいです。
    舟戸作品の主人公の中でもピカイチではないでしょうか。

    物語自体は正直特筆すべき点はありませんが、ハードボイルド小説にある渋い主人公...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月30日

    正直、女として読むのが辛い場面もあった。
    最後も救いはない。
    それでこそ『生』かなと。
    山猫の生き様に惚れました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    俺の船戸遍歴スタート地点。
    「辞書並みに分厚い」と揶揄されるページ数は読者からすれば大歓迎。
    何回も読み返した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    1982年ブラジルの片田舎を舞台に通称山猫といわれている、弓削一徳とともに、ロミオとジュリエットのような、反目する2家の恋人同士を救うため敵と戦う日本人男性の話。
    ブラジルの歴史を研究し、しっかりした裏付けがあり、ほとんどドキュメンタリーのように感じられる壮大な物語で読み応えがあり、引き込まれました...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月18日

    2015/07/08-2015/07/16
    ブラジル東北部の町エクルウは、アンドラーデ家とビーステルフェルト家に支配されている。両家はことごとに対立反目し、殺し合いが絶えない。そんな怨念の町に「山猫」こと弓削一徳がふらりと現れた。山猫の動く所、たちまち血しぶきがあがる。謎の山猫の恐るべき正体はいつ明...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月11日

    壮絶な物語。エグい描写が連発するので、万人向けではないけど、手に汗握る冒険活劇。グイグイ惹きつけられる展開は圧巻。ただあまりの惨さに星を一つ減らしてしまったけれど、それがなければ文句なく星五つ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月25日

    ブラジルを舞台にした活劇小説
    先住民が白人に裏切られ惨殺された地エクルウ…
    現在のその街では、二つの豪族が対立し殺し合いを続けていた。
    街の住民もほとんどがどちらかの陣営に組していて、双方の私兵が小競り合いを続ける中、
    ある日、突然、両家の娘と息子が手を取り合って駆け落ちした。
    片方の親から娘の捜索...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月17日

    【ネタばれあり】
    いや~おもしろかったですね。船戸与一初読でしたが、先入観としては重たい話を書く人かなと勝手に思ってたのですが、なんのなんの、リズミカルな冒険小説であり、主人公「オレ」の成長記でありと、700ページの分量をサラっと読ませてくれて、とても楽しませてもらいました。

    特に良かったのが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ブラジル東北部の町エクルウは、アンドラーデ家とビーステルフェルト家に支配されている。両家はことごとに対立反目し、殺し合いが絶えない。そんな怨念の町に「山猫」こと弓削一徳がふらりと現れた。山猫の動く所、たちまち血しぶきがあがる。謎の山猫の恐るべき正体はいつ明かされる。南米三部作第一弾。

    「男なら読め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    辺境冒険エンターテイメント。
    ブラジルの照りつける乾いた太陽の下、百年の抗争を続けてきた町は「山猫」の出現をきっかけに不気味にうねり始める…
    読んでて夢中になるあまり、電車を降り過ごしました。

    このレビューは参考になりましたか?

山猫の夏 【新装版】 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング