夢は荒れ地を

夢は荒れ地を

作者名 :
通常価格 995円 (905円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

カンボジアに派遣され、そのまま行方不明になった自衛官。彼はなぜ、妻子を捨ててまでこの地に留まることを選んだのか。足跡を追う同僚が直面したのは、人身売買、汚職がはびこる腐敗しきった社会だった――。政府に抗い新たな村の建設を目指す元クメール・ルージュ大尉。独力で学校建設を進める日本人。彼らの闘いを通し、カンボジアの昏き深淵を覗く冒険巨編。第22回日本冒険小説協会大賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
824ページ
電子版発売日
2013年06月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

夢は荒れ地を のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年12月06日

    船戸与一の東南アジア5部作
    舞台は、PKOで初めて自衛隊が派遣された、ポル・ポト後のカンボジア。
    PKOで派遣されたカンボジアにとらわれた自衛官が、カンボジアの状況を変えようとする。
    ここに描かれるカンボジアの現実は、重たい。

    法を絶対と考える欧米の倫理、法も方便と考えるアジアの現実、その狭間で揺...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年02月18日

    相変わらずの壮大なスケールと緻密な描写。カンボジア旅行の前に、予習がてら読んだ本書。
    何のために生きるのか、その理由を分かっていきる人間など本当にいるのだろうか。

    最後に救いが設けられていたのが救い。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 歴史・時代

歴史・時代 ランキング