「深水黎一郎」おすすめ作品一覧

「深水黎一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/06/14更新

ユーザーレビュー

  • 倒叙の四季 破られたトリック
    「完全犯罪完全指南」と題された有料ファイル。それはネット上にどこからともなく現れ、数時間で消える。購入した人物の元にはファイルが届くが複製は不可能で、しかも数日経つと完全に消滅してしまうらしい。
    そのファイルを入手し、完全犯罪を目論む4人の男女。しかし隅々までよく考えられた犯罪は、1人の刑事の手によ...続きを読む
  • 言霊たちの反乱
    これは笑った。読みながら声を出して笑えた小説なんて久しぶり。
    言い間違いとか聞き間違いとか、たまにはあるけど、徹底してる。いやー、面白かった。
  • 虚像のアラベスク
     深水黎一郎さんの新刊は、海埜刑事と甥の瞬一郎のコンビが活躍する、芸術探偵シリーズ最新作である。当然見逃せない。今回のテーマはバレエ。『トスカの接吻 オペラ・ミステリオーザ』ではオペラをテーマにしていたが、馴染みがない点はまったく同じ。だからこそ、期待も高まる。

     まずは正統的な「ドンキホーテ・ア...続きを読む
  • 最後のトリック
    「読者が犯人」という大仕掛けに挑み、ここまで作り上げたのは単純に凄いと思う。超能力の話や覚書などもそれぞれ面白く読めたし、しっかりラストに繋げているのは見事。トリックを敢えて最初から予告しなくても、とも思いましたが、それだけの意欲作だと好意的に解釈しました。
  • 美人薄命
    人は多分、相手の期待に応えるような行動を知らず知らずのうちにしてしまうのではないだろうか?
    その方が居心地が良いから。二人だけの空間が心地よく保たれるから。
    そんなことを考えさせられる小説でした。
    最後に、ポッと心が温かくなったのが救いです。

特集