言霊たちの反乱

言霊たちの反乱

作者名 :
通常価格 726円 (660円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

『最後のトリック』を上回る問題作! 犯人は、あなたの「言霊」? 平和な休日、婚約者が突然怒り狂う。路上では外国人に殴られ、ファミレスでは麻薬取引現場に遭遇。ついには凶悪テロの首謀者として手配される。原因は全て言葉の聞き間違いと勘違いだった。いにしえの人々が崇敬し畏怖した言葉に宿る「霊力」が現代人を陥れようとしているのか? 驚愕の言葉トリック・ミステリに震えよ! 〔『言霊たちの夜』を改題。〕

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
電子版発売日
2015年09月11日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

言霊たちの反乱 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年05月05日

    これは笑った。読みながら声を出して笑えた小説なんて久しぶり。
    言い間違いとか聞き間違いとか、たまにはあるけど、徹底してる。いやー、面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月15日

    60~100頁の短編と中編4つを収録。いずれも徹底した言葉遊びで楽しませてくれますが、本当にこんな人がいたら、相手をさせられる側はものすごくイライラすることでしょう。

    『漢(おとこ)は黙って勘違い』では、日本語に同音異義語がとても多いことに着目。主人公が「言いまつがい」ならぬ「聞きまつがい(笑)」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月21日

    バカミスの類いだが、最後の「情緒過多涙腺刺激性言語免疫不全症候群」という短編は、唯一少しだけシリアスで、メディアの報道の仕方への批判的作品になっていた。これが一番面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月10日

    用法で変化する言葉の不完全さをコメディタッチでおちょくり倒す短編集。扱うテーマの割に新喜劇を見ているような軽い読み味。ミステリーアリーナに繋がるマスメディアへの描写も多々あってオッとなった。あと『ビバ日本語!』に全裸中年男性が登場して笑った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    2020/4/12
    あーこれは違う。
    私の求めている読書じゃない。
    私は物語にどっぷり浸りたいので現実に立ち返るタイプのやつは不要です。
    でもおっしゃることはごもっとも。
    ツイッターとかで書いてあったら単純に感心したと思う。
    最後のやつね。
    誤変換の話は出落ちかと思われます。途中で飽きました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています