「井浦秀夫」おすすめ作品一覧

「井浦秀夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:井浦秀夫(イウラヒデオ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1955年
  • 出身地:日本 / 長野県
  • 職業:マンガ家

早稲田大学第一文学部卒。1979年『私は人を殺した』でデビュー。代表作は『雨森公平 先生です!』、『少年の国』、『弁護士のくず』など。『弁護士のくず』はテレビドラマになったほか、平成18年度(第52回)小学館漫画賞一般向け部門を受賞した。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/20更新

ユーザーレビュー

  • 弁護士のくず 第二審(2)
    著作権侵害で訴訟騒ぎになった曰く付きの「蚕食弁護士」収録。
    ネタ元にしただけだし結局は完全勝訴(非侵害)だったそうだけど,連載時に参考文献として掲げていたら訴えられることもなかったんだろうか?一方当事者の言い分しか判らないので,詳しい事情知りたいかも。
  • 魔法使いの弟子
    明治時代を舞台にした物語。
    時代背景や心理の描写が細かく、この時代の歴史に理解の薄い自分でも話に引き込まれた。心理トリックと政治・人情的な葛藤が見事に絡み合っていて、とても読み応えがあった。
  • 弁護士のくず(5)
     1巻について入手できたのがこれだった。
     全く同じテイストでラストに落としてくれるのが癖になってきてます。とほほ感が絶妙!
     といいつつ、第5話「帰ってきた背後霊」が見事と感じ入ってしまい、入り込んだあげく涙がでそうになるという・・・。自分も歳をとったということだろう。
     先々別の巻を見つけて読ん...続きを読む
  • 弁護士のくず 第二審(3)
    困った弁護士・九頭の大活躍(笑)が見どころの弁護士漫画。ろくでもない言動・態度で顰蹙を買いまくるも、思い出したようにいいことも言ってみる。しかし見直させたままでは終わらないのが、九頭さんの九頭山たる所以。
    弁護士物だが、決して堅苦しくはないので、面白く読める。
    綺麗とは言えない絵柄も、独特のストーリ...続きを読む
  • 弁護士のくず 第二審(2)
    困った弁護士・九頭の大活躍(笑)が見どころの弁護士漫画。ろくでもない言動・態度で顰蹙を買いまくるも、思い出したようにいいことも言ってみる。しかし見直させたままでは終わらないのが、九頭さんの九頭山たる所以。
    弁護士物だが、決して堅苦しくはないので、面白く読める。
    綺麗とは言えない絵柄も、独特のストーリ...続きを読む

特集