坂田信弘の作品一覧

「坂田信弘」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:坂田信弘(サカタノブヒロ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年10月11日
  • 出身地:日本 / 熊本県
  • 職業:プロゴルファー

京都大学文学部東洋史学科中退。ゴルファーとしてだけでなく、漫画原作者としても有名。ゴルフ関連の著書には『ゴルフ進化論 基本上達篇』、『ゴルフ進化論2 応用上達篇』などがあり、漫画原作の代表作には『風の大地』、『奈緒子』などがある。『風の大地』は第39回小学館漫画賞受賞した。

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2024/02/20更新

ユーザーレビュー

  • 風の大地 25
    20-25巻を読んだ。
    スコットランドでの全英オープン、ヨーロッパでの試合を終えて、沖田は全米プロ選手権に参加するためにワシントンにやってきたが、愛した女、リリィの死のショックからまだ立ち直れずにいた。
    色々な人の助けを借り、少しづつ持ち直し、雨天サスペンデッドなどもあり、3日目に持ち直し、最終日、...続きを読む
  • 風の大地 19
    16巻から19巻を読む。
    全英オープンで戦う沖田は、最終日、最終組でノーマンとまわる。スコットランドの女性キャディ、リリィにも助けられながら、最終ホールをノーマンと1打差の2位で迎える。バンカーにつかまり絶体絶命のピンチを何とかパーディーでしのぎ、あとはノーマンのバーディーパットを待つだけ。ノーマン...続きを読む
  • 風の大地 10
    「風の大地」の7-10巻を読んだ。
    アジアサーキットの第2戦目、タイでの試合で沖田は優勝する。アジアサーキットは、沖田にとってプロになって初めての試合なので、プロ入り2戦目にしてトーナメント優勝を果たす。以降、順調にサーキットの試合を消化し、迎えた最終戦は日本での試合。最終日・最終組で尾崎・杉原と同...続きを読む
  • 奈緒子 33
     お父さんの死から物語が始まって、雄介がつらいのはもちろんだけど、奈緒子がずっと罪の意識にさいなまれているのがつらい。でぶっちょ監督の死もつらすぎる。駅伝が始まってからは、雄介の前にアクシデントがあって順位を大幅に下げて雄介が挽回するのがパターン化する。後になればなるほど故障が頻発し、読んでいてつら...続きを読む
  • インパクト 32

    2勝目

    村瀬のモデルの田村さんが二勝目をあげたので、読み返しました。以前よりダウンロードのサイズも半分ほどになり、ページのズレもなくなって読みやすく、また細部が分かり易くなってました。このようなアップデートは珍しいと思いますが、読者としてはとても有り難いので感謝します。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!