風の大地(1)

風の大地(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

栃木県鹿沼カントリークラブの研修生、沖田圭介は、24歳と、年齢的には遅いスタートながら、プロゴルファーを目指すべく日々練習に明けくれている。だが、沖田はまったくの素人であるため、まだ上手に球を打つことができない。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックオリジナル
電子版発売日
2013年04月26日
紙の本の発売
1991年03月
サイズ(目安)
61MB

新刊オート購入

風の大地(1) のユーザーレビュー

    Great

    tetsudoragon 2017年03月17日

    数ある漫画の中でも上位に入る名作です。
    但し、スッキリ感は物足りないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月19日

    ゴルフマンガですがただのゴルフマンガじゃないんです!!

    別に必殺ショット!があるわけでもなくキャラが宇宙人なんてわけでもないんです。

    主人公の沖田圭介が実直でほんとにイイやつすぎるくらいイイやつでそれが嫌味もないんです!

    最新刊を読むたびに心が洗われなんか日々を反省してしまうくらいです;;

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    一番好きなゴルフマンガ。全英オープンぐらいまでは最高だが、全米オープン編やマスターズ編だとつまらなくなる。
    坂田自身、アフリカかどこかのオープン競技で1回優勝しただけなので、想像力がそれまでなのではないかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    原作)坂田信弘氏の漫画
    ある研修生経験のある人は1巻から4巻までは自分の実経験と本当に似ていると言っていた。

    主人公のゴルフに対する情熱を大きな心で経験年数が少なくてもどんどん上達する姿に夢を与えてくれる。
    ライバルがいてそれに対してもいいほうへ反応できる姿がいいなと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ビックコミックオリジナルでいつも見ている漫画です。
    一言で言うと、長いです。

    何が長いかというと、
    ・1ショットまでの長さ
    ・一日の長さ
    ・回想シーンの長さ
    etc

    だけど、面白いです。
    ゴルフの事は、あまり分かりませんが、沖田圭介の青春が味わえるかと思います。

    ちなみに、僕は、最初から読んで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    65巻辺りからtasteが苦い

    とらぞう 2017年07月26日

    『みやり』と同じ作者で、内容に圧倒された。
    64巻の大事件からの復活には魂が震える思いがした。
    ただし、後半部分がtasteが苦くなっており、
    ついに桃源郷の境地に差し掛かってしまったのではないかと
    強い郷愁に襲われている。

    しかし、である。
    56~63巻までのオーストラリア・オープ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

風の大地 のシリーズ作品 1~79巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~79件目 / 79件
  • 風の大地(1)
    605円(税込)
    栃木県鹿沼カントリークラブの研修生、沖田圭介は、24歳と、年齢的には遅いスタートながら、プロゴルファーを目指すべく日々練習に明けくれている。だが、沖田はまったくの素人であるため、まだ上手に球を打つことができない。
  • 風の大地(2)
    605円(税込)
    プロテスト間近の4月中旬、いつものように愛用の7番アイアンで練習をする沖田。だが最近、打球の1打1打がやけに重く感じることに疑問を抱いていた。
  • 風の大地(3)
    605円(税込)
    沖田の弱点はパットである。弱点を克服しようと、練習に励む沖田だが、鹿沼の重いグリーンでは、思うように球が進まない。その様子をみていたグリーンキーパーの小平は、グリーンの芝を改造してしまう。
  • 風の大地(4)
    605円(税込)
    球質が悪くなってきていることに悩んでいる沖田。練習の様子を見に来た宇賀神は、沖田が使っているクラブを見て、クラブがヘッドスピードを支え切れていないことに気付く。そこで宇賀神は、1本のドライバーを沖田に渡した。それは、今まで誰にも触らせたことのない大切なクラブだった。
  • 風の大地(5)
    605円(税込)
    プロテストが終わってから2か月が過ぎた。沖田は、プロになったものの、まだトーナメント戦の出場資格は持っていない。そんな沖田に、資格を得る前に腕試しとしてアジアサーキット全戦に出場させてはどうかと、小針プロから提案があがった。
  • 風の大地(6)
    605円(税込)
    フィリピンで行なわれているアジアサーキット第1戦で沖田と組んでいるキャディ、チッタは、サーキット全戦を一緒に転戦して欲しいと沖田から言われた。だが、チッタは一家の大黒柱でもある。3か月間のサーキット開催中の生活費を案じ、彼の家族は複雑な心境だった。
  • 風の大地(7)
    605円(税込)
    タイで行なわれるトーナメント第2戦初日に寝坊をしてしまったチッタ。自分へのふがいなさと、沖田への申し訳ない気持ちから、フィリピンへ帰ろうとする。だが、憔悴しきったチッタの様子から、何かを察したタクシーの運転手に「忘れ物はないか」と尋ねられ、沖田に一言謝ろうと決心、トーナメント会場へ向かう。
  • 風の大地(8)
    605円(税込)
    アジアサーキット第2戦最終日プレーオフ、呂西釣(ろせいきん)の第2打目。沖田の会心のショットの後、呂は、2オン狙いで勝負に出た。焦りからか、呂は一瞬力んでしまい、ボールを小川に落としてしまう。ミスをしたにも拘わらず、不敵な笑みを浮かべる呂を見た沖田は、プレッシャーを感じるのだった…。
  • 風の大地(9)
    605円(税込)
    アジアサーキット第10戦最終日、沖田は、8番ホールでの第1打目を林に打ち込んだものの、松葉の隙間にボールを打ち、グリーン上にうまく乗せた。一方、ディボットバンカーの中にボールを落としてしまったジャンボ尾崎は、焦りのために、思い切ったプレーができない。
  • 風の大地(10)
    605円(税込)
    鹿沼帰ってきた沖田は、彼に異様なまでの敵愾心を持つ研修生の長谷川博とプライドを賭けたホールマッチを行なう。どちらかが負ければ、相手のキャディをしなくてはならない。沖田に負けまいと、長谷川は日頃の練習の成果をここぞとばかりに発揮するが…。
  • 風の大地(11)
    605円(税込)
    日本プロゴルフ選手権最終日3番ホール。沖田は、だんだん強くなってくる風の動きを読もうとしていた。プレーを始める気配がない沖田に、彼のキャディをしている長谷川博は苛だち、沖田になにかとつっかかる態度をとってしまう。
  • 風の大地(12)
    605円(税込)
    17番ホール、林の中からの沖田のショットは、そのままカップに落ちた。ピンチを感じたジャンボ尾崎は、慎重にパットを決め、かろうじて首位を守った。一方、鹿沼でテレビ中継を見ていた鹿沼のグリーンキーパー、小平は、秋田にいるはずがない娘、明美の姿を目撃してしまう…。
  • 風の大地(13)
    605円(税込)
    7月上旬、全英オープンを3日後に控えた沖田は、雨の中、最後の調整をしていた。練習の様子を見にきた笠崎は、気をきかせ、物部父娘を鹿沼に呼ぶ。沖田は、麗子と静かな語らいの時を過ごした。
  • 風の大地(14)
    605円(税込)
    沖田は9番ホールの第2打で、ミスショットをし、ボールをグリーン左の茂みの中に落としてしまったものの、第3打でグリーンの上に乗せた。トップの成績である河内は、順調にショットを決めていった。
  • 風の大地(15)
    605円(税込)
    全英オープン3日目、決勝ラウンド。沖田は日本人ゴルファーである河内と回ることになった。河内は、実績が浅い沖田と回ることに反発を隠しきれないでいた。そして1番ホール。沖田の第1打は深いラフの中に落ちてしまった。
  • 風の大地(16)
    605円(税込)
    12番ホールでの深いラフからの沖田のショットは、強い風に流され、フェアウェー横のラフの中に落ちた。ロストボールになるかも知れない状態であったが、野菊の花びらがかろうじてボールを支えており、見つけることが出来た。少しでも草が揺れるとボールが落ちてしまうような微妙な状態であったが、沖田は絶妙のショットを決める。
  • 風の大地(17)
    605円(税込)
    ターンベリーでの全英オープン最終日、4番ホール。向かい風が徐々に強くなっていった。沖田が放ったアイアンショットは、ミスと言えるものではなかったが、曲がってしまい、レスキュー草の中に落ちてしまった。続くノーマンは、ベテランらしくボールを上手くグリーン上に乗せる。ノーマンのショットを見た沖田は、向かい風の時の打ち方を勉強した、と嬉しそうにリリィに伝えるのだった。
  • 風の大地(18)
    605円(税込)
    ターンベリーでの全英オープン最終日、16番ホール。ノーマンのボールはピンまで残り71ヤード。フォロー風のため距離感がつかめず、サンドウェッジでもフルショットが出来ない状況だ。しかし、ノーマンは臆することなくフルショットし、ピン横につける。このショットを見た沖田はノーマンともっと戦いたい、そして勝ちたいと強く思うのだった。
  • 風の大地(19)
    605円(税込)
    全英オープンの最後のパットを奇跡的に決めたことで沖田は、トップのノーマンと並んだ。あとは、ノーマンが5mのパットを決めるか、外すかで勝負が決まる。ノーマンの優勝か?プレーオフか?ノーマンの注目のパットが、今打たれた!!
  • 風の大地(20)
    605円(税込)
    全英オープン準優勝の直後、キャディを務めたリリィを突然の死で失った沖田。その悲しみを乗り越え、全米プロ選手権出場のため、アメリカに向かった。しかし、いくら練習してもスイングはバラバラ。傷心の沖田は、毎晩一人で下町のジャズハウスに向かい、沖田は酒を飲むわけでもなく、ひたすらサックスの演奏を聴くだけであった。
  • 風の大地(21)
    605円(税込)
    全米プロ初日、沖田はスランプを乗り越えるキッカケをつかむため、レディスシャフトのクラブを使うことにする。これが良かったのか、15番ホールではイーグルを取り、復活の兆しが見えてきた沖田だったが、16番ホールでの第一打を林の中に入れてしまう。
  • 風の大地(22)
    605円(税込)
    コングレッショナルCCでの全米プロ選手権3日目。大会中、スランプが続く沖田だったが、10番ホールで二打目をピン右の“ベタピンショット”を放つ。ここでバーディを取りたい沖田はパティングの際、研修生のときに亡くなった宇賀神に言われた「パッティングは、目線を悩ませちゃいかん。」という言葉を思い出した……。
  • 風の大地(23)
    605円(税込)
    全米プロ選手権・最終日。沖田は、1打差でトップをゆくウォーレンと同じ最終組となった。9番ホールで、第2打を深いラフに入れてしまったウォーレンだったが、運が味方したか、リカバリーが決まり、バーディで終わった。これを見た沖田は、動揺してしまい……
  • 風の大地(24)
    605円(税込)
    全米プロ選手権、最終日17番ホール。完璧なプレーで知られるシルバー・スコット・ウォーレンのボールが、グリーンを越え池の中に!沖田のバーディを直感したウォーレンがミスを犯したのだ。そして、沖田の第二打。師・宇賀神の教え通り、攻めの姿勢でピンデッドを狙った沖田のボールは……。
  • 風の大地(25)
    605円(税込)
    沖田が自信を持って放った2度目のティショットは、またしても池の中に。その結果、2位強敵ウォーレンに対して持っていたリードを、全て失ってしまう。しかし、このショットの結果に納得できない沖田が次に取った行動は、誰もの予想を超えたものだった。
  • 風の大地(26)
    605円(税込)
    突如、現れた傲慢な3人組を相手に、賭けゴルフの勝負に乗ることを決めた沖田。人の心を踏みにじる相手に対し、沖田は静かな闘志を燃やす。ルール決定に際し、相手の条件をすべてのんだ沖田だったが、その条件は自身に不利なものに。さらに3人組の実力が想像以上であることが発覚し…。
  • 風の大地(27)
    605円(税込)
    3人組との賭けゴルフ勝負は9番ロングホールに突入。だが、度重なる小川の卑劣な行為に沖田の怒りは爆発寸前に。そんな沖田に対し、敵であるはずの宮寺は、とにかく耐えるよういさめる。その宮寺の態度に、なにやらいわくを感じた沖田は、宮寺の過去に興味を抱く…。
  • 風の大地(28)
    605円(税込)
    16番ホールの小川の第2打は、グリーン手前のバンカーのあごに突っ込んでいた。計算通りの飛距離のはずなのにおかしいと、いきり立つ小川。沖田は、排水口の位置が移動したことを知らなかったから距離を誤ったのだと告げる。さらに、ミスショットが続く堀田が、賭けに負けた時の責任を小川に押し付けようとする。怒った小川は…。
  • 風の大地(29)
    605円(税込)
    沖田あてにトーナメントのエントリーシートが届いた。これで沖田は国内全部の、そして海外のトーナメントにも出場できるのだ。その頃、沖田は板の上からロングアイアンでボールを打つ練習を始めていた。プロにとっても最も難しい練習をミスなくこなす沖田に、周囲は驚きを隠せない。その夜、笠崎と一緒に食事をした沖田は…。
  • 風の大地(30)
    605円(税込)
    交通事故によるケガが回復した笠崎は、自分がプロで通用する体に戻っているかどうかの判断を沖田に委ねた。沖田の前で笠崎の打った一球勝負の球は、球筋、飛距離ともに完璧だったが、沖田に笑顔はない。ケガのため左足が短くなり、そのせいでスウィングが変わってしまっていたのだ。この事を告げる沖田に、笠崎は……。
  • 風の大地(31)
    605円(税込)
    ドバイ・デザート・クラシック初日、2番ホール。沖田と同じ組で回るウィリーとべネットは、共にティショットをバンカーに入れつつも、それぞれの持ち味を見せてパーでまとめた。そのころ、優勝候補と目されるウォーレンが、スタート前の練習を開始。そして、同じく優勝候補の“神の子”アベルが、観衆の前に姿を現して……。
  • 風の大地(32)
    605円(税込)
    ドバイ・デザート・クラシック3日目、コースにはドバイ特有の突風が吹き荒れていた。ヨーロッパの天才と呼ばれるアベルの激しくむき出しの闘志に触れて、自分のゴルフを顧みた沖田は、多くの人の導きに感謝しつつ、あらためてトーナメントを制することを誓うのだった。強力なライバルたちがひしめくなか、果たして沖田は……?
  • 風の大地(33)
    605円(税込)
    ドバイ・オープン3日目、辛うじてトップを守りつつも、沖田のスコアは伸び悩んでいた。その最終ホール、2オンを狙い、アゲンストの風が吹くなかチャンスを待つアベルと、沖田の両者は気迫を込めてにらみ合っていた。そこにトップを狙う2位のウィリーや3位のウォーレンも到着して…!?
  • 風の大地(34)
    605円(税込)
    ドバイ・オープン最終日、9番ホール。2位に4打もの差をつけているにも関わらず、沖田はペナルティを払わずに水際からショットを打った。ゆるやかに飛んでいくボールを見て、誰もがハザードは越えられないと考えていた時、なんとボールの回転が変わりはじめて…!?
  • 風の大地(35)
    605円(税込)
    ドバイオープンで優勝が決定し、沖田は記者達に囲まれてインタビューを受ける。結果的には2位以下に8打差と圧勝のように見えたが、実際には大きな葛藤や重圧があったことを、素直に沖田は語っていく。その様子をテレビの中継でじっと見ていたアベルは…。
  • 風の大地(36)
    605円(税込)
    クラブ職人・杉山に出会い、マスターズを攻略するカギとなる“ドローヘッド”の製作を依頼した沖田。だが、その後も不安感から眠れない日々は続いていた。この日も寝付けなかった沖田は、気晴らしに真夜中のトレーニングに出かけるが、その途中、庭先で木を削ることに没頭する杉山の姿を見て…。
  • 風の大地(37)
    605円(税込)
    沖田がアメリカへと旅立つその日。友人やクラブの従業員たちは、沖田を見送ろうと鹿沼カントリークラブのクラブハウス前に集まっていた。笠崎や石原、支配人、石倉といったおなじみの面々をはじめ、キャディたちも激励の言葉をかける。そんな人々の思いを受け止め、全力を尽くして闘うことを誓う沖田。そして舞台はアメリカ・ジョージア州へ。オーガスタ空港で沖田が出会ったのは…?
  • 風の大地(38)
    605円(税込)
    マスターズ初日、8番ホール。ここまで5アンダーで首位の沖田は、このホールのティショットも絶好調である。抜群の飛距離にギャラリーが歓声を送るなか、それに触発された同組のベテランゴルファー、アーニーも珍しく渾身のショットで後に続く。そして注目の2打目、残り230ヤードで沖田が選択したのは、なんとドライバーで…。
  • 風の大地(39)
    605円(税込)
    皆が寝静まった沖田の宿舎。窓から漏れる明かりの中、薄暗いベランダでクラブヘッドの加工に没頭しているのは杉山健三。沖田からの難しい注文を実現させるために繊細な作業に集中する姿は、まさに“職人”である。そして、夜を徹したその作業も無事に終わりを告げ、迎えたマスターズ3日目の朝。そこには、ひと時の安らぎの中で将来を語り合う沖田と麗子の姿があった…。
  • 風の大地(40)
    605円(税込)
    マスターズ3日目・11番ホール。競技委員の判定に怒りを露わにしながらも、クレッグは“ルール通り”先に打つことを選択した。すると、自分のボールをマークしようとする沖田に、クレッグから不可解な提案が。「球の下にティを埋め込み、その上にコインを置いてくれ」というのである。さらにそれは、「何かが起きた時に沖田を救済するためのアイデア」と語るクレッグだが、その思惑とは一体…!?
  • 風の大地(41)
    605円(税込)
    マスターズ最終日、最終組でプレーすることになった沖田。石倉や老キャディのジョー、恋人の麗子など、沖田を囲む人々は勝利を信じて見守り続ける。しかしそこには、オーウェン兄弟という高く厚い壁が立ちはだかり…。
  • 風の大地(42)
    605円(税込)
    マスターズ最終日最終組。ブラッド・オーウェンは持ち前の研ぎ澄まされた感覚を駆使して、冷静なプレー運びを見せていた。アマチュアながら首位をキープし続ける強敵相手に一歩も引けない沖田だが、その体には異変があらわれ出して…!?
  • 風の大地(43)
    605円(税込)
    マスターズ最終日、中盤の勝負所がやってきた!現在沖田は、アマチュアながら首位を走る強敵ブラッド・オーウェンを追うが、具合の悪くなった左足に不安を抱え、苦戦する。だが、どんな辛い状況下でも沖田は常に前を見続け、前進する!!
  • 風の大地(44)
    605円(税込)
    マスターズ最終日。12番ホールを終えて、沖田は首位のブラッド・オーウェンに5打差を付けられ大苦戦。左足が悲鳴を上げる中、残り6ホールで巻き返せるか!?
  • 風の大地(45)
    605円(税込)
    マスターズ最終日。首位を走るブラッド、猛追するシルバー・S・ウォーレンとアベル・コスタ。最大の武器である飛距離を捨てた沖田は、彼らにどう立ち向かうのか!?残り5ホール、オーガスタの戦いが熱い!!
  • 風の大地(46)
    605円(税込)
    マスターズ最終日。首位を走るブラッド・オーウェンは、風に翻弄されてスコアを落とし始める。熾烈を極める首位争いに、左足を痛める沖田は食い込めるのか…!?佳境にさしかかるオーガスタの戦いから目が離せない!!
  • 風の大地(47)
    605円(税込)
    マスターズ最終日。17番ホールでイーグルをもぎ取り、再び首位に立ったブラッドと、それを追うシルバーとアベル。そして沖田は、限界を超えた左足で戦い抜けるのか…!?激動の最終ホールへ!!
  • 風の大地(48)
    605円(税込)
    マスターズ最終日。18番ホールでバーディをとり、-20で首位となったシルバー。沖田が優勝を果たすには、自身もバーディをもぎ取らねばならないのだが、沖田の球は最悪のライへ…!!
  • 風の大地(49)
    605円(税込)
    マスターズ最終日・18番ホール。シルバー・スコット・ウォーレンとのプレーオフに望みを繋ぐ沖田の一打は、奇跡を起こすのか?痛めた沖田の左足は…!?世界の頂点をかけた、熱き男たちの4日間にわたる死闘、ついに終幕!!
  • 風の大地(50)
    605円(税込)
    筋肉骨膜剥離の診断を受けた沖田の左足は、骨膜剥離の名医・ドクター平尾によって手術が無事成功。そのまま米国で静養することになり、焦る気持ちを抑え、治療に専念する。リハビリと痛みへの恐怖という、己との闘いが始まる…。
  • 風の大地(51)
    605円(税込)
    わずかな不安は残るものの、米国を離れ帰国の途についた沖田。日本で彼を待っていたのは、予期せぬほどの大フィーバーだった!その熱狂の中、親友・笠崎のプロテストと時を同じくして、沖田は大切な帰国第一戦に臨む!
  • 風の大地(52)
    605円(税込)
    沖田の研修生の先輩にして、親友の笠崎。すでにプロとして先を行く沖田と同じ舞台に立ちたいと、プロテストに挑む。同時に帰国第一戦を戦う沖田に引っぱられるかのように笠崎は絶好調。ぶっちぎりでトップ合格に突っ走っていた。しかし、その笠崎をアクシデントが襲う。彼の優しさゆえか、不吉な予感は広がっていく…大きく飛躍するためには、一度その分だけかがまねばならない。今はその時と信じて…優しす...
  • 風の大地(53)
    605円(税込)
    沖田の親友・笠崎は、単独首位の-11でプロテスト最終日・18番ホールに挑んでいた。1打目、2打目と完璧な球を打った笠崎……だが、その手からクラブがこぼれ落ち、空気を裂くような絶叫が千成ゴルフクラブにこだまする。観衆、プロテスト受験仲間、競技委員…誰もが笠崎のプロテストトップ合格を信じて疑わなかった。その矢先に、笠崎の胸部筋断裂が発覚する!!即刻の手術を必要とする程の重傷のため、プレーの...
  • 風の大地(54)
    605円(税込)
    観衆、プロテスト受験仲間、競技委員…誰もが笠崎のプロテストトップ合格を信じて疑わなかった……その矢先に、パターさえもまともに打てないほどの重傷が発覚する笠崎孝。仲間の熱い祈りとプロテスト合格を信じる沖田の真っ直ぐな想いに突き動かされ、笠崎は一歩、また一歩と、激痛と不運に耐えながら、ついに最後の一球を放つ!!そして、その長く苦しいプロテストも、ついに幕を下ろす。果たして、笠崎の悲願...
  • 風の大地(55)
    605円(税込)
    「どうやら俺はプロテストの神様に根っから嫌われちまったようだ」沖田の無二の親友、笠崎はプロゴルファーになるという一途の夢を叶えることができなかった。そして、誰にも行き先を告げずに、ただ一人北へ北へと当てもなく歩き始め、深い森へ消えて行った。沖田が想い…石倉が想い…鹿沼の地に寄りし皆の想いに目をそむけ、笠崎は逃避行を続ける。一体、いつまで続けるのか、笠崎の逃避行!!沖田は笠崎に再...
  • 風の大地(56)
    605円(税込)
    師であり友でもある、笠崎との離別。心無き者からの不条理であくどい嫌がらせ。長引く足の怪我による全英オープン棄権……畳みかけるように数々の試練が降り注ぐ中、沖田はある決断を下した。それは……プロゴルファーとして戦うために万全な状態に戻るため暫くの間鹿沼を離れるというものだった。そして、全英オープン棄権から5か月。沖田は突如、オーストラリアオープン会場に現れた。新天地・オーストラリア...
  • 風の大地(57)
    605円(税込)
    3年連続全豪アマチュアチャンピオンに輝いた天才ジュニアゴルファー、フレディ・シューター。オーストラリアの若手選手の中で実力No.1、マイケル・ネルソン。この二人と同じ組でオーストラリアオープン予選・初日をラウンドすることになった沖田圭介。沖田にただならぬライバル心を抱くマイケルは、執拗に沖田を挑発しながらプレーをする。フレディはじっと機会を伺いながら堅実なプレーをし続ける。勝利の...
  • 風の大地(58)
    605円(税込)
    オーストラリアオープン、決勝ラウンド初日。若手実力派・マイケルと沖田圭介。そして、マンデートーナメントから勝ち上がってきた怪しい風体の男・バリー。その3人が最終組に残った。バリーに鋭い眼差しを向けていたマイケルが突如、賭ゴルフをバリーに持ちかける。大金を得るために、話にのったバリーは巧みな謀略をめぐらす。マイケルがバリーに抱く復讐の炎とバリーの謀略とが激突する!!
  • 風の大地(59)
    605円(税込)
    マイケルが抱く復讐の炎とバリーが張り巡らす謀略がぶつかり、醜い闘いが熾烈を極める。そんな中、ある記憶がバリーの頭の中をよぎる……遠い昔にマイケルと賭ゴルフをおこなった記憶が。少年だったマイケルと親父を地獄に叩き落とした記憶が。この試合が単なる賭ゴルフではなく、遺恨勝負だということに気付いたバリーはより複雑な謀略を張り巡らす。それは、己のゴルフに邁進する沖田にも暗い影を落とし始...
  • 風の大地(60)
    605円(税込)
    父親を拉致されたマイケル。遺恨勝負をマイケルに挑まれているバリー。己のゴルフに邁進する単独首位の沖田圭介。最終組3人はそれぞれの思惑を抱きながら、オーストラリアオープン・決勝ラウンド最終日の7番ホールに立つ。ピンがしなるほどの風、経験も勘も全く役立たないほどの強風が吹き始めた時、男達の思惑は狂い始めた。その様子を黒服の男がギャラリーに混じって、じっと伺っている……そして隣に立つ...
  • 風の大地(61)
    605円(税込)
    沖田のフィアンセ、物部麗子がさらわれた…!?他の追随を許さぬ勢いの単独首位・沖田圭介に突然届いた悪報。麗子をさらった犯人は得体が知れなかった黒服の男達!彼らの要求はたった一つ。手中に収めつつある優勝を18番ホールで放棄すること…不条理な謀略と、麗子のもとに駆けつけられない自分の無力さに、沖田の怒りは頂点に達し…そして、沖田はある決意を固めるのだった。
  • 風の大地(62)
    605円(税込)
    沖田圭介のフィアンセ・麗子が人質に取られた。犯人である黒服の男達は沖田に最終ホールで優勝を放棄するよう要求してきた。記者・木曽とジョニーは麗子が捕らわれている場所を探し当て、突入を開始!同じ頃、沖田は18番ホール第2打地点に立つ。故意にミスショットするしか麗子を救う道はない…己のゴルフを捨てる決意を固めた。奇跡は起きるのか。それぞれの願いが交差する!!
  • 風の大地(63)
    605円(税込)
    モロッコで開催されたハッサン国王2世トロフィーも最終日を迎えた。常に完璧なゴルフを求めてきた沖田にとって、何か一つでも崩れた時の代償は大きいのかもしれない…………スウィングできぬ程、クラブを重たく感じる。ダンベルを持つかのように球を重たく感じる。一つ一つ丁寧に技術を磨き上げてきた沖田のゴルフが崩れ始める!? 心の声を知るは己のみ―――― ゴルフ人生始まって以来の危機が沖田に襲いかかる!!
  • 風の大地(64)
    605円(税込)
    モロッコのハッサン国王2世トロフィーで、キャディとして沖田を支えてきた陳が突然姿をくらませた。帰国した沖田のもとに、陳から決別の手紙が届く。共に戦っていける、生涯の友であると思っていただけに、陳の別れの言葉は沖田の心に深く突き刺さる。 さらに、新シーズンに向けて、鹿沼CCで自主トレーニングを積む沖田の目の前で多くの犠牲者を出す大惨事が起きる。 様々な事柄が頭をよぎり、自責の念にか...
  • 風の大地(65)
    605円(税込)
    鹿沼C.C.の全職員、そして妻・麗子、二人の子供に見送られ、沖田は7年ぶりに試合に出場するために鹿沼を離れる。向かった先はスコットランド。最も歴史のあるメジャートーナメント・全英オープンに出場するために…… レディバンクGCで開催される最終予選会から出場する沖田。上位5名だけが全英オープンへの出場資格が得られる厳しい試合に挑む。 メジャートーナメント初優勝を目指し、“風の大地”スコット...
  • 風の大地(66)
    605円(税込)
    全英オープンに出場するための最終予選会・最終日。 キャディのルディが風邪でリタイアし、一人でバッグを担ぐ事になった沖田。 そこに突如現れたスザンヌという女性―――― 9年前に全英オープンに挑んだ時のキャディ、リリィ・マクガンに 姿も表情も仕草まえも総てが似ていた。 胸が波立つ沖田―――なぜなら、リリィは此の地にあの日から ずっと眠り続けているはずの女性だから―――――――
  • 風の大地(67)
    605円(税込)
    予選会を突破し、全英オープンへの出場を果たした沖田圭介。 熾烈な戦いを繰り広げてきたかつてのライバルも 全世界のマスコミも沖田の1番ホールに注目していたが…… 沖田はドライバーを握り、ティグランドに立った。 狙いはワンオン…………1打目でグリーンを狙うのみ。 戦略一つない無能無謀のゴルフか。 人跡未踏のゴルフが己の途か。 7年間一度もクラブを握らなかった男の判断力は、異次元の領域に達...
  • 風の大地(68)
    605円(税込)
    “今日使ったクラブは総て飛び過ぎている”―― スウィングに乱れはないが、 飛距離が総て想定より飛んでしまう…… 原因が自分でもまだ理解できずにいる沖田。 己の体を己自身で確かめる途を歩みはじめた沖田に打開策はあるのか!? その最中、並み居るスター選手を抑え、 スコアーを伸ばし続ける若手選手がひとり……その名はポール・コフマン!!
  • 風の大地(69)
    605円(税込)
    「人生に奇跡は起きても、技術に奇跡は起きない。 半端な技術と打ち方を試合で使うな」 今は亡き宇賀神の言葉が沖田の脳裏に浮かぶ――――― 他を圧倒するパワーで300ヤードをはるかに越えるドライバーショットを 放ち続けたためにドライバーが折れてしまった…… 名物17番ホールを攻略するためには宇賀神の教えに背き、 まだ修得できていない新たな球質で攻めなければならない。 沖田しか見えない異次元...
  • 風の大地(70)
    605円(税込)
    全英オープン初日・最終ホール。 沖田はティショットで会心の“棒の球”を放ち、ワンオンに成功。 しかも、球はピン側(そば)2mに!!観衆は沖田の豪打(ごうだ)に沸いているが、 試合勘を欠く沖田はパットを打つ勇気をむしり取られていた。 「外す様では、明日のスコアを伸ばすのは困難だ」アンガス爺さんの 呟(つぶや)きが意味するものは!? 冷静に、慎重に沖田が放つパットの行方は!?
  • 風の大地(71)
    605円(税込)
    雨では消えぬ男の熱情を感じろ!! 全英オープン2日目―― パッティングの不調がショットのリズムにも影響を及ぼし始めた……… 沖田は今まで経験した事のない“迷い”の中にいた。 “不安”は人を駆り立てる。 未来にではなく、過ぎ去りし過去へと。 沖田は静かに呟く、「宇賀神さん…………」と。 ゴルフの聖地セント・アンドリュースに突然降り始めた雨が、容赦なく沖田の不安感をあおる。 猛チャージで予選...
  • 風の大地(72)
    605円(税込)
    沖田、首位をとらえる!! 圧倒的な強さを持つ沖田が戻ってきた!! 全英オープン2日目。パッティングの不調を感じながらも、10バーディ1イーグルの12アンダーで13番ホールをむかえる。 徹底的にドライバーの飛距離にこだわる姿は狂気のゴルフを生みはじめる……… しかし、驚喜の渦中にいる沖田は、己が狂気に取り憑かれていることにまだ気づいていない。 ゴルフの神はいつの日も、選手の運命を弄ばずに...
  • 風の大地(73)
    605円(税込)
    沖田圭介、新たな相棒と歩みはじめる! 過去に囚われない者に、躊躇する心は生まれない―― 全英オープン初日とは打って変わり、2日目は1イーグル10バーディと盛り返してきた沖田だったが、17番ホールで打球が乱れ、11打も叩いてしまった。 己を貫くゴルフに限界はないのか!? 沖田に試練の波が容赦なく押し寄せる。 一方、キャディを務めるルディは自責の念に駆られ、沖田との別れを決意する。 大会...
  • 風の大地(74)
    605円(税込)
    波乱のムービングサタデー!! 大会3日目。 8年前のマスターズ・トーナメントで沖田が途中棄権した プレーオフ以来の同組対決が実現した!! ライバル達が注目する中、ティショットでビッグドライブを放つ二人。 世界ランキング1位ウォーレンの安定したショット。 崩れないパターのリズム。迷いの無いストローク。 対する沖田は、パッティングのバランスに違和感を感じていた。 鈍色の空に夏草の輝...
  • 風の大地(75)
    605円(税込)
    男の意地は原動力!! 石倉、正念場!! 全英オープン3日目。 バックナインに入ると強烈なアゲインスト風で、 沖田はスコアを伸ばせずにいたが、 ウォーレンはスコアを伸ばし続け首位を独走していた。 二人の男の重なり合う強き運命の影は濃さを増していく。 一方、沖田のキャディを務める石倉は体力の消耗が激しく、 キャディとしての役割を果たす事が難しくなってきた。 石倉をかばいながらプレ...
  • 風の大地(76)
    605円(税込)
    ウォーレン、明日への咆哮!! セント・アンドリュースの魂が宿る 17番ホールを制する者に勝利の女神が微笑む―― 沖田は1日目、2日目のトラブルを引きずることなく、 勇気に満ちたティショットを放つ。 盤石な試合運びに定評のあるウォーレンだが、 沖田を強く意識しはじめたことから心に小さな綻びが生まれる…… 大会3日目の終盤に大きな波乱が!?  好敵手がいるからこそ恐れと喜びが生まれる。 ...
  • 風の大地(77)
    605円(税込)
    全英オープン最終日スタート。熱量、猛烈! 世界の強豪が競演する夢の舞台――― 全英オープンは大会最終日にその様相を一変させる。 1番ホール、観客の熱気と歓声が渦巻く中で 沖田圭介はリック・スチュワートと同組でスタート。 感じたことのない欲望の炎が燃え上がる沖田。 1番ホールでイーグルを奪取し首位に肉薄していく。 一方、狂気を迸(ほとばし)らせるスチュワートは淡々とプレーを進める。...
  • 風の大地(78)
    605円(税込)
    悲願のメジャー初制覇へ! 沖田圭介と笠崎孝は気持ちをひとつにして 戦い抜かなければならない時に、 ポットバンカーにはまった球のリカバリーショットで二人の意見が割れる。 笠崎の提案する安全策に首を縦に振らない沖田。 その心に響いていたのは今は亡き宇賀神さんの言葉だった。 過去をみつめるだけの臆病者で終わりたくない。 未来を感じ取り、突き進む勇敢な選手でありたいと願う沖田は、 ...
  • 風の大地(79)
    605円(税込)
    全英オープン最終日、野獣覚醒!! 全英オープン最終日、4番ホールで沖田圭介は遂に首位をとらえる。 厳しいコースセッティングの中で戦い抜くために、沖田は宇賀神さんの最後の教えを思い出す………… それは“模倣”だった!! セント・アンドリュースを誰よりも知る者として矜持を持つリック・スチュワート。 リックの持ち球であるビッグドローを完璧に模倣し続ける沖田。 一進一退の攻防を繰り広げる二...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています