能條純一の一覧

「能條純一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:能條純一(ノウジョウジュンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年01月22日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

1971年「ぐら・こん」に『錯乱』で佳作入賞。1996年『月下の棋士』で第42回小学学館漫画賞受賞。『哭きの竜』、『翔丸』、『プリンス』、『ずっこけ侍ミケランジロウ』など数多くの作品を手がける。

無料作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2021/01/20更新

ユーザーレビュー

  • 昭和天皇物語(4)
    摂政にするよう陛下から皇后に指示していたのに、皇后はそれを無視して自分が政治を動かしていた。
    原敬が摂政の動きをしていたらそれを非難。国家機能が停止してもお構いなく。権力を得るとこうなるのかと。

    イギリスの貴族の佇まい、振る舞いに関する受け止めには多少疑念は残るものの、教訓としては正しく受け止めた...続きを読む
  • 昭和天皇物語(3)
    倫理とは、実人生で実践してこそ初めて倫理と呼べる。本当にそのとおりだと思った。
    現代にも通ずる。現代にこそ通ずる。そう思った。
  • 昭和天皇物語(6)
    昭和天皇の気丈さ、覚悟、重みなど、うまく表現されていた。
    自分も見習いたいと思う場面が多々描かれていた。
  • 昭和天皇物語(1)
    素晴らしい切り出し。マッカーサーと昭和天皇の面会から。この一場面だけで、マッカーサー同様、昭和天皇を知りたくなった。
    乃木大将や教育担当の杉浦重剛の生き様も垣間見れて、一巻からすごい作品と出会えた感。
  • 昭和天皇物語(2)
    足立タカの心得が読まれる場面、及び、殿下がかつて自ら作成した「竹山」印を捨てる場面に感銘を受けた。読めてよかった。深い感動を覚えた。