「能條純一」おすすめ作品一覧

「能條純一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:能條純一(ノウジョウジュンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年01月22日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

1971年「ぐら・こん」に『錯乱』で佳作入賞。1996年『月下の棋士』で第42回小学学館漫画賞受賞。『哭きの竜』、『翔丸』、『プリンス』、『ずっこけ侍ミケランジロウ』など数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/13更新

ユーザーレビュー

  • 昭和天皇物語(2)

    面白い。

    軍部独裁に走る前の日本は面白い。しかしだな、昭和帝が聡明であったなどというようなシーンはついぞ見たことがない。現実にはすっとぼけた池沼のイメージしかない。フィクションとして割り切って見ることをオススメする。
  • 昭和天皇物語(2)
    皇孫殿下から立太子を経て皇太子となられた裕仁親王。御用掛であった足立タカとの別れを通して、一人の皇族として成長されていく過程を描いている。後に皇后陛下となられる久邇宮良子女王殿下(香淳皇后)との再会、貞明皇后(大正天皇皇后、裕仁親王母君)によるお妃選定の動きと、裕仁親王の周りの環境が刻一刻と変化して...続きを読む
  • 昭和天皇物語(1)
    敗戦直後のマッカーサーとの会見での昭和天皇の戦争責任に関する御言葉は別のドキュメンタリーで知っていたが、如何様にして「昭和天皇」という人物が生まれたか、明治大正の少年時代から大胆な解釈から物語が始まる。

    「大元帥」として「象徴」として、また「人間」としてどのように生きたか最後まで見届けたい。

    ...続きを読む
  • 昭和天皇物語(1)

    意外と知られてない昭和天皇

    まさかマンガで読めるとは。

    昭和天皇といえば、私(35歳)世代なら、崩御のシャッター街とかアニメの延期のイメージしかない。でも親世代が持つ、親愛と敬愛は忘れられない。

    この歳になり、色々と書籍を読み天皇を知り、改めて昭和、特に終戦の歴史を知れば天皇という存在の大きさに驚く。

    まだ一巻は幼少期だ...続きを読む
  • 昭和天皇物語(1)

    凛々しい陛下とか分かってない。

    もっとすっとぼけた風貌だったろ。
    あの何考えてるか分からない雰囲気が逆に得体の知れなさにつながって神格化に拍車がかかっていたのに・・・

    まあそれでも内容は読ませるので、楽しみな作品と言っておこうか。

特集