能條純一の一覧

「能條純一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:能條純一(ノウジョウジュンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年01月22日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

1971年「ぐら・こん」に『錯乱』で佳作入賞。1996年『月下の棋士』で第42回小学学館漫画賞受賞。『哭きの竜』、『翔丸』、『プリンス』、『ずっこけ侍ミケランジロウ』など数多くの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2022/01/04更新

ユーザーレビュー

  • 昭和天皇物語 8

    歴史ドラマ

    人間としての昭和天皇が漫画で生き生きと描かれていて、テレビや写真で見たことのある昭和天皇の超然とした雰囲気とはギャップがあり、そこが面白い。活字や切り取った映像では分からない心の機微などが漫画でよく表現されている。ベースとして日本史の知識がないと辛いかもしれないが、少し歴史をかじっていれば、教科書に...続きを読む
  • 昭和天皇物語 9

    戦争に向かう緊迫感

    昭和天皇が悩みもがいている姿が伝わってくる。立憲君主国の体制下で天皇のあるべき姿を求めて悩み続けていたのだろう。昭和天皇の思いとは別に、軍部が勝手な行動を起こし、戦争がどんどん近づいてくる緊迫感がすごい。
  • 昭和天皇物語 9
    天皇の立場の難しさと露骨なまでの軽視。
    様々な角度で登場人物たちの想いが入り交じり、早い展開だった。

    当時の物騒な世相も反映され、イメージしやすい。
  • 昭和天皇物語 2

    当時の時代背景が結構リアル

    陛下の婚約者事情に薩摩と長州の事情が入り込むとは思っていなかった。陛下は眼鏡の印象深いけど、大正時代、眼鏡はあまり上に立つ者が身に付けるものではなかったのかな。今では当たり前のものも100年前は全然違ってその差異が勉強になる。
    タカと陛下の掛け合いが好きだったがこんな早くに離脱するとは…。婚約者候補...続きを読む
  • 昭和天皇物語 9
    関東軍の暴走と、それに苦悩する昭和天皇、日本の内閣が描かれている。
    国際的見地から見て、日本の将来を真に考える人物をどんどん暗殺していき、自分たちの思い通りにしていこうとする軍部。
    あくまで国際的に協力して、情勢を穏やかにしていこうとする昭和天皇や内閣。
    その闘いに勝っていく(勝手にどんどん暴走して...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!