「能條純一」おすすめ作品一覧

「能條純一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:能條純一(ノウジョウジュンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1951年01月22日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:マンガ家

1971年「ぐら・こん」に『錯乱』で佳作入賞。1996年『月下の棋士』で第42回小学学館漫画賞受賞。『哭きの竜』、『翔丸』、『プリンス』、『ずっこけ侍ミケランジロウ』など数多くの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/20更新

ユーザーレビュー

  • 月下の棋士(1)

    面白い

    面白くてやめられず結局全巻買ってしまいました。本当に濃い漫画だと思います。
  • 月をさすゆび(4)

    仏教について

    仏教の教えも面白かったしれんあいも、、、
    出てくる人が個性的で良かったなぁ〜
  • 月下の棋士(1)
    こういう漫画は、数年に一度読み返すだけでいい。あんまり強烈なので、本棚に置くのには向かない。数年ごと古本屋で買い求め、読み返すほうが、常に新鮮な感覚を持って迎えられる。
    棋士とはなんなのかと考えると、作中での刈田幸三はエンターテイナーであるし、大原巌は戦士であるし、滝川幸次は神である。主人公の氷室は...続きを読む
  • 月下の棋士(1)
    全巻通しての感想をここに書く。
    能條純一先生の絵は本当に素晴らしい。線が本当に色っぽくて、美しい。また、台詞回しも独特で、だんだんと中毒のようになる。
    キャラクターも個性豊かで、最初嫌でたまらなかったようなキャラクターもふと好きになっている。これが能條先生のすごいところだと思う。
    この作品のキャラク...続きを読む
  • いねむり先生 3
    伊集院静の自伝小説の漫画化、第三巻。前巻からの続きで、サブローは先生と共に松山を舞台にギャンブル旅を続ける。二年前に最愛の妻を亡くしたサブローの傷心が先生との旅で少しづつ癒されていく過程が感動的。能篠純一の描く絵がとにかく素晴らしい。現代の漫画家では、谷口ジローと能篠純一が群を抜いているのではないだ...続きを読む

特集