月下の棋士(1)
  • 完結

月下の棋士(1)

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

第51期名人戦、名人・大原巌と挑戦者・滝川幸治が熱海で第7局を戦っている時、東京・将棋会館に氷室将介という青年が現れる。プロ棋士になりたいという将介が手にしていたのは、伝説の棋士・御神三吉の推薦状だった。その推薦状を見たプロ棋士・虎丸は二段の坂東と将介を戦わせる。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミックスピリッツ
ページ数
216ページ
電子版発売日
2012年10月05日
サイズ(目安)
57MB

月下の棋士(1) のユーザーレビュー

    購入済み

    面白い

    とい 2017年06月13日

    面白くてやめられず結局全巻買ってしまいました。本当に濃い漫画だと思います。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    将棋マンガ

    hewokoku 2013年07月15日

    実在の棋士がモデルになっているキャラが
    たくさん出てくるので、将棋ファンとしては
    感情移入しやすくておもしろかったです。
    あとがきも連載当時の将棋界の話が読めて
    その後、そこに書かれている実在の棋士たちが
    どうなったか知っているのでニヤリとさせられます。

    将棋ファンならこの作品と「ハ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月23日

    いま16巻くらいまで読んでとまってるのかな・・・
    先は長い。

    この人の描く漫画ってどれもキャラが立ってて好き。
    翔丸も竜も将介もすごく存在感があって、印象に残るとてつもなく魅力的なキャラだ。
    こんなキャラを描ける人は稀有だと思う。
    ケンシロウも慶次も魅力ではぜんぜん足元に及ばない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    能條純一の作品では
    「J-BOY」が一番好きだったのですが。
    表紙画像がなかった為にこちらを選択しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    将棋を知らない私でも違う意味で楽しめましたw←!?
    能條先生の世界観キャラクターにハマりました。全32巻

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月19日

    将棋漫画。既に完結している。いちおう、全巻を読んだ。
    将棋を題材にした漫画や小説は、あまり多くないと思う。私の知っているのは、大崎善夫の「聖」や「将棋の子」くらいのものだ。これもノンフィクションに分類されると思うので、この「月下の棋士」以外に将棋を題材にした漫画や小説を知らない。
    下手の横好きレベル...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    手ぶらで仕事する人には憧れる。勝負事なら、なおのこと。将棋が弱くても知らなくても楽しめます。病院の待合室なんかに全巻そろってたらBEST

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年02月17日

    こういう漫画は、数年に一度読み返すだけでいい。あんまり強烈なので、本棚に置くのには向かない。数年ごと古本屋で買い求め、読み返すほうが、常に新鮮な感覚を持って迎えられる。
    棋士とはなんなのかと考えると、作中での刈田幸三はエンターテイナーであるし、大原巌は戦士であるし、滝川幸次は神である。主人公の氷室は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年07月24日

    全巻通しての感想をここに書く。
    能條純一先生の絵は本当に素晴らしい。線が本当に色っぽくて、美しい。また、台詞回しも独特で、だんだんと中毒のようになる。
    キャラクターも個性豊かで、最初嫌でたまらなかったようなキャラクターもふと好きになっている。これが能條先生のすごいところだと思う。
    この作品のキャラク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

月下の棋士 のシリーズ作品 全32巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~32件目 / 32件
  • 月下の棋士(1)
    完結
    605円(税込)
    第51期名人戦、名人・大原巌と挑戦者・滝川幸治が熱海で第7局を戦っている時、東京・将棋会館に氷室将介という青年が現れる。プロ棋士になりたいという将介が手にしていたのは、伝説の棋士・御神三吉の推薦状だった。その推薦状を見たプロ棋士・虎丸は二段の坂東と将介を戦わせる。
  • 月下の棋士(2)
    完結
    605円(税込)
    入会以来、連戦連勝を続ける将介。将介は、病気をおしてまで勝負しようとする村森と対戦していた。そこへ、大原巌がやって来るが、将介の無礼な態度に除名をほのめかされる。
  • 月下の棋士(3)
    完結
    605円(税込)
    三段リーグで連勝中の幸田と対局し、もう指し手がないと諦めかけていた鈴本だったが、自分の力を信じろと将介にいわれ、勝つ方法を見い出した。しかし、自分一人の力ではないからと自ら負けを宣言してしまう。
  • 月下の棋士(4)
    完結
    605円(税込)
    将介と鈴本の戦いはまさに死闘と呼べるものだった。将介は鈴本のなかに将棋の神が宿っているといい、鈴本は盤上に居るといった。鈴本が最後の一手を指したまま、将棋盤に覆い被さるように倒れてしまう。
  • 月下の棋士(5)
    完結
    605円(税込)
    正気をなくした村木の家を後にした将介は、村木の弟子・滝川幸次を倒す決意を新たにする。そのころ、名人への挑戦権を賭けた大原と刈田の最終戦が始まろうとしていた。病身をおして歩いて会場へ向かう大原、普段はやらないゲン担ぎをする刈田。はたして勝者は…
  • 月下の棋士(6)
    完結
    605円(税込)
    大原の策略で名人戦に立ち会うことになった将介。その存在が気になる滝川に、大原は勝利を確信する。ところが、残り一手で勝利できるという時に、大原の容態が悪化、その一手が指せないでいた。
  • 月下の棋士(7)
    完結
    605円(税込)
    王竜戦・準決勝。待ち続ける刈田のもとにようやく将介が現われ、月明かりのもとふたりの戦いが始まった。刈田が将棋界のスターだった全盛期の頃の気迫で第7手を指したとたん、将棋会館全体が停電になる。
  • 月下の棋士(8)
    完結
    605円(税込)
    自分の戦法を将介に見破られた大原だが、それでも次ぎの手を指すべく右手を駒へ進めた。大原は震えだした右手を左手でつかんだが、そこに脈を感じることができなかった。そこへ、大原の孫が現われる。生きたいと強く願った大原は、戦法を変え、将棋を指し続けることを選んだ。
  • 月下の棋士(9)
    完結
    605円(税込)
    将介は“伝説の真剣師”と呼ばれる丸亀を訪ねた。目の前に現われた将介がかつての師匠・御神三吉の孫であることに気づいた丸亀は、将介に御神三吉の思い出を語って聞かせる。そのころ滝川は、将介との対局実現のため動きだすのだった。
  • 月下の棋士(10)
    完結
    605円(税込)
    秋葉原将棋倶楽部で始まった将介と滝川の対局は、誰の目からも将介の優勢が明らかだった。だが、滝川は不思議な余裕を見せ、持ち時間を利用して、パチンコ屋へ。そんな中、滝川の師匠・村木武雄の自殺の知らせがはいるが、滝川は対局を続ける。そして、戻ってきた滝川が指した手は…。
  • 月下の棋士(11)
    完結
    605円(税込)
    滝川に負けた将介。誰もが将棋に対する気力をなくしたと思っていたが、将介は滝川に笑いながら握手を求めるのだった。しかし、右手を指しだそうとした滝川は、階段から真逆様に落ちてしまう。
  • 月下の棋士(12)
    完結
    605円(税込)
    女流棋士・大和岬が気になる将介はその養父である大和天空についての情報を得ようとする。どういう人物なのか、なぜ岬を引き取ったのかを知りたがる将介だが、逆に岬に関わるのはやめろと忠告される。そのころ、大和岬は天空に呼び出されていた。
  • 月下の棋士(13)
    完結
    605円(税込)
    C級2組の最終戦。将介に勝てば岬と対局するという滝川が待つなか、持ち時間残り2分で対局室に戻ってきた将介は、再び岬と対局をはじめる。将介を手に入れるため、岬は必死になって将介の玉将を追う。
  • 月下の棋士(14)
    完結
    605円(税込)
    滝川対大和天空の名人戦第3戦はすでに、滝川の勝利が確定しているにも関わらず、天空は負けることもできないでいた。そのテレビ中継を見ていた岬はいつしかテレビのなかの天空に向かって、がんばれと声を出して応援するのだった。
  • 月下の棋士(15)
    完結
    605円(税込)
    「女がなんだ、友情がなんだ…、しょせん人間一人」といいながら将棋を指す将介に大和岬は、棋士として致命的な欠陥があると言い残し去っていく。その言葉が気になった将介は岬のアパートへ行くが、岬から別れを言い渡される。その帰り、鈴本が道路工事の誘導のアルバイトをしているのをみつける。
  • 月下の棋士(16)
    完結
    605円(税込)
    C級1組の順位戦。佐伯宗光との対局で、誰の目にも将介の負けは明らかだった。しかし、将介だけはただひとり自分の勝利を確信し、笑顔さえ浮かべて指し続けている。やがて、便所で自ら鏡にぶつけた将介の額から真っ赤な血が流れだした。その血を見た佐伯は差し手を変更し、より完璧な勝利を目指すのだった。
  • 月下の棋士(17)
    完結
    605円(税込)
    B級2組で順位戦に臨んだ虎丸は初戦で勝利を挙げ、順調なスタ-トをきる。一方、かつて思いを寄せた女性との約束をまもるべく、古葉健は名人位をかけて滝川に挑んでいた。
  • 月下の棋士(18)
    完結
    605円(税込)
    B級1組への昇格をかけて、将介は師匠の虎丸と対局を続けていた。虎丸は対局中にかつての名人・大原を破った時の話を将介に聞かせ、その時に用いた中飛車という戦法を再び見せる。
  • 月下の棋士(19)
    完結
    605円(税込)
    A級昇格を決めた氷室が4年ぶりに高知に帰り、故郷で羽をのばしていた頃、東京では滝川が刈田をくだし、名人位を防衛する。やがて、帰京の途についた氷室は、車中で土居学という男に出会う。
  • 月下の棋士(20)
    完結
    605円(税込)
    A級順位戦の第二回戦、将介は首藤崇九段とあいまみえる。首藤を一目見た氷室は「弱そうだ」と言い放つ。先手を取った首藤は、何と将介の得意手である9六歩を指す。将介の目には、首藤の駒が光を放つかに見えるのだった。
  • 月下の棋士(21)
    完結
    605円(税込)
    さめた眼でテーブルの向こう側を見つめる光本龍一・8段。その視線の先には、プロデューサーに連れられて光本の屋敷を訪ねたアイドル女優・華月ありさの姿があった。プロデューサーは光本の経営する劇場の主役に是非とも華月を、と懇願するが、光本は全く相手にしていない。プロデューサーは華月を部屋に残したままその場を去る。すると、光本は華月に服を脱ぐことを命じ、5分間言いなりに従ったら願いを叶...
  • 月下の棋士(22)
    完結
    605円(税込)
    第57期A級戦は3日目までの日程を消化し、早くも大荒れの様相を見せている。台風の目となっているのは将介で、並み居る強敵を退けて3戦全勝を守っていた。A級第4戦の将介の相手は、将棋会館の乗っ取りを狙う、と噂される土居学。対局の朝、将棋会館の前で将介と出くわした土居は、将介の師・御神三吉と自分は同門だったと告げる…
  • 月下の棋士(23)
    完結
    605円(税込)
    第57期A級リーグ戦の第5戦、将介は因縁の相手・大和天空と対峙する。だが天空は、養女・岬が残した「変わる決心」という言葉の意味を探ることに夢中になっていた。そのことを知ってか、将介はしきりに天空を挑発する。天空の怒りはついに頂点に達し、彼の指した駒はまばゆい光を放つのだった……
  • 月下の棋士(24)
    完結
    605円(税込)
    第57期A級リーグ戦・第6戦。氷室の対戦相手は、かつて氷室と死闘を演じ、その後病死してしまった村森聖の兄弟子・山内。山内は村森の弔い合戦と称し、村森が氷室に敗れた時の手順をそのまま再現する。不気味に迫る村森の影に、氷室は……。
  • 月下の棋士(25)
    完結
    605円(税込)
    第57期A級リーグ戦・第7戦、将介は村森の死や幸田の豹変などから受けたショックを癒せないまま対局に臨む。対戦相手は、曲者・坂口吾平。本調子には程遠い将介を、坂口は容赦なく攻め立てる。そして、ついに……
  • 月下の棋士(26)
    完結
    605円(税込)
    第57期A級戦は、第八回戦をむかえさらに白熱してきた。すでに2敗していて後がない氷室将介は、目下無敗で独走中の佐伯宗光と対戦中。そんななか、自信に満ちあふれている佐伯は60手までに氷室を破ると宣言する。これといった進展のないまま、60手目が目前に迫る……。
  • 月下の棋士(27)
    完結
    605円(税込)
    第57回順位戦A級の第八回戦で無敗の佐伯と対局した氷室将介は勝利を収め、優勝への望みをつなぐ。名人挑戦者を決定する順位戦A級もいよいよ大詰め。そして迎えた最終戦。一敗でトップを走る佐伯を二敗で追う氷室の対戦相手は、刈田升三。現在二勝の刈田は、佐伯と対局する大和天空と同率で、二人ともA級の生き残りがかかっている。四者四様の思惑が渦巻く中、今、特別対局室に、四人が集まった!!
  • 月下の棋士(28)
    完結
    605円(税込)
    第57回順位戦A級最終戦もいよいよ終盤。天空と対局している佐伯は、突然駒を指すのをやめてしまう。すでに盤上は、だれの目にも天空の勝利確実という局面でのこの行動に、天空をはじめ周囲の者は戸惑う。しかし滝川だけは、この行動の意味がわかったようだった。
  • 月下の棋士(29)
    完結
    605円(税込)
    名人戦挑戦権をかけての第57期A級順位戦は、プレーオフに持ち越された。佐伯との対戦になるその決戦を翌日に控えた将介は、周りの心配をよそにリラックスしていて、取材に来た立原と食事に出かけた。
  • 月下の棋士(30)
    完結
    605円(税込)
    プレーオフに持ち越された、名人挑戦権をかけての第57期A級順位戦。将介は、佐伯との対戦中、69手目を指し終えたところで特別対局室を出た。ただ一人、部屋に残された佐伯は、盤上に将介の真意を探す。一方、部屋の外で女性記者・立原に会った将介は、「佐伯が2二同玉を指せば、125手目でオレが勝つ。あいつがカラから出れば、200手以上の大勝負になる」と予言する…
  • 月下の棋士(31)
    完結
    605円(税込)
    名人・滝川幸次、挑戦者・氷室将介との間でついに始まった第57期名人戦。持ち時間無制限、一本勝負にて雌雄を決する特別ルールが採用された対局の序盤、滝川は「95手目、私の5五角で、きみの投了」と発言。対する氷室も「96手目、オレの一手で、てめぇの投了だ」と言い返す。だが、その裏で氷室は滝川の強さをひしひしと感じ、このままでは負けてしまう、と追いつめられていた…。一方、対局の陰では思いが...
  • 月下の棋士(32)
    完結
    605円(税込)
    名人・滝川幸次、挑戦者・氷室将介との間で争われている第57期名人戦。二日目から沈黙を続け、まる四日間、一手も指さずにいた滝川が、ついに動いた。その一手とは、3五歩。長い沈黙を破った滝川は、一気に詰めに向かって突き進む。そして72手目。滝川の圧倒的有利で対局は進み、氷室の頭には“投了”の二文字がちらつきはじめた。だがそこで氷室の耳に、自分を叱咤激励するじっちゃんの声が聞こえてくる。幼...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています