「喜多川泰」おすすめ作品一覧

「喜多川泰」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:喜多川泰(キタガワヤスシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1970年05月10日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京学芸大学卒。2005年『賢者の書』でデビュー。『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』 が映画化された。その他『君と会えたから…』、『手紙屋 ~僕の就職活動を変えた十通の手紙~』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/01/26更新

ユーザーレビュー

  • 手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~
    手紙屋の言葉はするする入ってくる。
    就活に関係なくても、何か目標を持つことだったり、働くことだったり、そういったことを考えさせられる。
    自己啓発本にはない物語の力がある。

    なかでも、成功した後の自分を待っている人からのエール云々は印象深い話だった。
  • 手紙屋~僕の就職活動を変えた十通の手紙~
    学生から大人になる時期、見えているレールは限られていたから何の疑いもなく進んできた。学生の頃にこの本に出会えていたら、違う世界に行くことができていたかもしれない。
  • 秘密結社Ladybirdと僕の6日間
    喜多川氏の本はいつも心に火を灯してくれるような話で、今回の物語も心に響きました。元気が出ない時、やる気が出ない時、人生に迷っている時に読むとぐっと背中を押してくれ、新しい視点を教えてくれます。
    自分との約束とふさわしい人になること…。
  • 秘密結社Ladybirdと僕の6日間
    いつ読んでもいいな、喜多川さんの本は。

    今の努力にふさわしい自分になる^_^
    いいよな、こんな考え方ができるようになりたいものだ。
  • 秘密結社Ladybirdと僕の6日間
    喜多川泰さんの本は今回もウンウン、わかるわかる、と心の中で頷きながら読める面白い内容でした。うまくいかない、他人はできるのに自分はできない、という思いは結構たくさんの人がしている気がしますが、そういう人物を主人公にしたお話に共感できるところが多々…The Dayと重なる内容もあり、あっという間に読め...続きを読む

特集