沖田円の一覧

「沖田円」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/08/15更新

ユーザーレビュー

  • 神様の願いごと
    たまたまこの本を手にした時、私も“夢を諦めた”ときだったから、トキワの1つ1つの言葉が胸に刺さった。
    それから、作者さんはそんな気無いかもしれないけど、トキワにときめいてしまう自分がいたり…。笑
    物語がキレイだと思った。読んでて自然に涙が出た。是非たくさんの人に読んで欲しい。
    沖田さんの他の作品も読...続きを読む
  • 神様の願いごと
    夢が見つからずぼんやりと過ごす高校生の千世がある日神様の常葉に祟られ人々の願いを叶えるお手伝いをすることに。色々な人の夢や願いを通して見えてきた千世の夢とは…。
    高校生の千世が神様の常葉に物怖じしないで交わすやり取りに思わず笑ってしまう。
    夢に向かって進む人生を樹木に例えたのが分かりやすかった。
    ...続きを読む
  • 僕は何度でも、きみに初めての恋をする。
    結末が悲しいはずなのだが私にはあまり悲しい結末には感じられなかった。
    だが割とやりきれない感はあった。
    星ちゃんの記憶まで無くさなくていいんじゃ無いかなぁ
    と思ったが
    ハナの展開の山場なので仕方ないところではある。

    中盤あたりから涙が止まらなかった。
    今まで読んだ作品の中で1番泣いた。
    自然とポロ...続きを読む
  • 千年桜の奇跡を、きみに 神様の棲む咲久良町
    物語の舞台は秋だけれど、我が家の前の桜が満開の今日という日に読めてとても幸せ。

    円さんらしい、とても素敵な物語でした。

    そうだよ。できないことは、無理してやらなくなっていいし、嫌な場所からは逃げたっていい。

    誰でも受け入れてくれるこの町にわたしもふらりと立ち寄ってみたいです。
    咲のいれたコーヒ...続きを読む
  • きみに届け。はじまりの歌
    愛知県の進学校、部員6人で活動するボランティア部に所属する高校2年生の小林カンナは、あと3ヶ月で廃部になると告知されます。活動最後の思い出に、地元安城市で行われる七夕まつりで、部員でバンドを結成して演奏することを決定します。昔から素晴らしい歌声のカンナは、幼馴染の一色禄(ロク)にボーカルとオリジナル...続きを読む