卒業式であった泣ける話

卒業式であった泣ける話

作者名 :
通常価格 792円 (720円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

り返って、また歩み出す。卒業式にまつわる12編の心にしみるアンソロジーです。

【一部あらすじ】
春告草の式日/沖田円
老梅のような姉・季夜との別れを控えた妹・紗和。縁側で交わされた最後の会話が互いの心を癒していく。

さよならの勇気/桔梗楓
夕焼けに染まる街の道路を、一台のスクールバス。高齢の運転手、豊城の卒業と希望。

あなたが遺した北極星/溝口智子
亡くなったゼミの教授の遺言が卒業生たちの心を変えていく

その扉を開く/杉背よい
屋上へと続く階段が3人の基地だった。青春と卒業、そして開かずの扉を開く。

春の歌/霜月りつ
焼夷弾で焼けた小学校と70年後の卒業式。全員があの日に戻る。


【ほか7作品収録】
『私の胸のアレオーレ』一色美雨季/『わたしの青春を返せ』国沢裕/『小さな卒業式』水城正太郎/『とろとろ、そぞろ』日野裕太郎/『卒業式』朝来みゆか/『翼があるなら』猫屋ちゃき/『アルバムには納まり切れないし』石田空

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
マイナビ出版
掲載誌・レーベル
ファン文庫Tears
ページ数
200ページ
電子版発売日
2021年03月12日
紙の本の発売
2021年02月
サイズ(目安)
2MB

卒業式であった泣ける話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています