アンソニー・ホロヴィッツの一覧

「アンソニー・ホロヴィッツ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/05/24更新

ユーザーレビュー

  • カササギ殺人事件 上
    相当ハードルあげて読んでも大丈夫。いやー面白い。ミステリファンに捧げるという謳い文句。十代からミステリという沼に浸かっていてよかったと心から思う。
    クリスティ愛。ミステリ愛ですよ。
    正直この構造は真新しいものじゃない。それでもプロットのクオリティでこれ以上のものはあるだろうか。
    物語から読者は目が離...続きを読む
  • カササギ殺人事件 下
    殺人事件が起きた理由を、殺された作家が書いた作品に求めるという二重構造になっている作品。
    ドラマなど映像作品では劇中劇としてたまにあるが、小説では結構珍しいかもしてない。
    そのせいもあって人物関係の把握に混乱するが、整理が出来ると一気に面白さが増す。
    殺された作家は嫌な奴だが、かといってそんな理由で...続きを読む
  • カササギ殺人事件 下
    上巻では犯人の名を宣言する直前で終わっていたが下巻は舞台が現実に戻ってそれ以降の原稿がなくてスーザンが呆然とする所から始まる。一緒に呆然。下巻は作者に起きた事件と原稿の続きを彼女が追いかける展開だけどあちこちから小説とのリンクや裏話が出てきて大変。海外物は読み飛ばすと判らなくなるしなぁ。事件の真相に...続きを読む
  • カササギ殺人事件 下
    傑作だ!
    こういう構成の作品って、大好きなカミーユのシリーズでもあったけれど、この作品では上・下巻のはざまに転換部を持ってきたのが大成功していると思う。 下巻を読み始めた直後に『???』となってしまった!

    『悲しみのイレーヌ』は1冊にまとまっていたので、あーそういう事ねと比較的スムースに進んだけれ...続きを読む
  • カササギ殺人事件 下
    面白かった。作中作の謎解きの方がよかったな。(小説のなかでの)現実の事件はなんだかな~な感じ。しかし、こんな異常者にあれ程の作品が書けるのかね。才能ってわからないものですな。

特集