カササギ殺人事件 上

カササギ殺人事件 上

作者名 :
通常価格 1,018円 (926円+税)
紙の本 [参考] 1,100円 (税込)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけて転落したのか、あるいは……。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。燃やされた肖像画、屋敷への空巣、謎の訪問者、そして第二の無惨な死。病を得て、余命幾許もない名探偵アティカス・ピュントの推理は――。現代ミステリのトップ・ランナーによる、巨匠クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外ミステリー
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
360ページ
電子版発売日
2018年10月05日
紙の本の発売
2018年09月
サイズ(目安)
1MB

カササギ殺人事件 上 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年05月07日

    名探偵、アティカス・ピュントの最後の物語。
    この話だけでも、一気に読み終えたしまった!!
    続きが気になる!とすぐ下巻へ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月13日

    上巻でやめてしまうとこの本の凄さが分からないまま終わってしまうのでおすすめしない。全部に騙されたてたし(本当に有名シリーズの最後の巻だと勘違いしたまま読んでました)ミステリでまだこんなことができるんだ!!という純粋な驚きがありました。本来?小説上の推理も上手くてもう二重に凄すぎる。仕掛けが多過ぎてワ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    実に素晴らしい

    アルシュ 2022年04月02日

    としか言いようがない。
    描写が丁寧で目の前に浮かぶようだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月06日

    完成度鬼高★5 古典ミステリーの重厚感と愛情たっぷり込められた王道ミステリー上巻 #カササギ殺人事件

    またスゴイ本を読んでしまった… まずはの上巻レビューです。

    出版社の担当者が、出版前のアランコンウェイ作「カササギ殺人事件」を読むところから始まる。

    カササギ殺人事件:
    冒頭はイギリスの田舎町...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月06日

    アガサクリスティを何作か読んだ人だとより楽しめると思います。下巻も併せて非常に凝った作りで楽しく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年11月17日

    話題になっていたことは知っていたけど
    登場人物の多さから海外文庫には苦手意識があり、
    ずっと後回しにしていた作品。
    なんでもっと早く読まなかったんだろう!
    最後の1行は衝撃だった
    下巻も楽しみ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月20日

    状況がすぐに頭に浮かんでくるような表現の仕方ですごく読みやすかった。
    悲壮感が半端ない。なんだか悲しい気持ちになってくる。
    展開が早いので読んでいて飽きるということは全くなかった。下もすぐに読み終われると思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月03日

    ・イギリスの田舎
    ・作中作
    ・80ページまで頑張って読んで探偵登場まで待たれ

    ・フーダニット
    ・2回犯人当てあるよ
    ****************************

    探偵の性格ポワロやん思たらオマージュだったので
    すね。

    作中作にて行われた殺人事件にポワロもどきが担ぎ
    出され、やがて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月20日

    今まで読んだ推理小説の中で一番好きかも
    遠回しの表現が全然なくてはっきりしてて情景とポイントが分かりやすい(だからと言って自分では推理できないんだけど...)
    ピュントのタイムリミットのことも考えると余計にハラハラして無理しないでほしいと思いつつ早く謎を解き明かして欲しいとついつい焦ってしまう

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月18日

    これは傑作。
    どういう構成か、はじめはわからず読み進めたけれど、小説と現実の二重構造で、大変面白いつくりだった。
    みんなが容疑者っぽすぎて、最後の最後まで犯人がわからなかった

    このレビューは参考になりましたか?

〈カササギ殺人事件〉シリーズ のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • カササギ殺人事件 上
    1,018円(税込)
    1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足を引っかけて転落したのか、あるいは……。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。燃やされた肖像画、屋敷への空巣、謎の訪問者、そして第二の無惨な死。病を得て、余命幾許もない名探偵アティカス・ピュントの推理は――。現代ミステリのトップ・ランナーによる、巨匠クリスティへの愛に満ちた完璧なるオマージュ・ミステリ!
  • カササギ殺人事件 下
    1,018円(税込)
    名探偵アティカス・ピュントのシリーズ最新作『カササギ殺人事件』の原稿を結末部分まで読み進めた編集者のわたしは激怒する。ミステリを読んでいて、こんなに腹立たしいことってある? いったい何が起きているの? 勤務先の《クローヴァーリーフ・ブックス》の上司に連絡がとれずに憤りを募らせるわたしを待っていたのは、予想もしない事態だった――。ミステリ界のトップ・ランナーが贈る、全ミステリファンへの最高のプレゼント。夢中になって読むこと間違いなし、これがミステリの面白さの原点!/解説=川出正樹
  • ヨルガオ殺人事件 上
    1,100円(税込)
    『カササギ殺人事件』から2年。クレタ島でホテルを経営する元編集者のわたしを、英国から裕福な夫妻が訪ねてくる。彼らが所有するホテルで8年前に起きた殺人事件の真相をある本で見つけた──そう連絡してきた直後に娘が失踪したというのだ。その本とは名探偵〈アティカス・ピュント〉シリーズの『愚行の代償』。かつてわたしが編集したミステリだった……。巨匠クリスティへの完璧なオマージュ作品×英国のホテルで起きた殺人事件。『カササギ殺人事件』の続編にして、至高の犯人当てミステリ登場!
  • ヨルガオ殺人事件 下
    1,100円(税込)
    “すぐ目の前にあって――わたしをまっすぐ見つめかえしていたの”名探偵〈アティカス・ピュント〉シリーズの『愚行の代償』を読んだ女性は、ある殺人事件の真相についてそう言い残し、姿を消した。『愚行の代償』の舞台は1953年の英国の村、事件はホテルを経営するかつての人気女優の殺人。誰もが怪しい謎に挑むピュントが明かす、驚きの真実とは……。ピースが次々と組み合わさって、意外な真相が浮かびあがる――そんなミステリの醍醐味を二回も味わえる、ミステリ界のトップランナーによる傑作!/解説=酒井貞道

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

創元推理文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング