鳴海章の一覧

「鳴海章」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/12/18更新

Dロック
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 原子力空母「信濃」 最後の出撃 下
    「カールヴィンソンを阻止せよ」命じられた「信濃」、新名司令の決断は?ってのと、中国主席と群神の決断への合衆国の対応は?の二つが絡み合いつつも双方それぞれ劇的に終わる。「信濃」は撃沈され、群神も政府専用機毎爆殺される。

    うわぁ、次に首相になって群神のケツ拭く人は可哀相すぎるだろ、これ。
  • 原子力空母「信濃」 最後の出撃 中
    旗艦しらねを撃沈され、士気を落としたまま帰路につく「信濃」、そして群神が動き、中国が動き、合衆国大統領も動く。

    南シナ海がホットスポットなのは、2020年の今そこにある危機だけど、敵と味方の組み合わせが今とは全然違うのな。チャイナを信用して組むなんて、加藤紘一や小沢一郎の晩年じゃあるまいし。
  • えれじい

    読み応えのある一冊

    あらすじに麻薬中毒者による立て籠もり、女性警官射殺、中学生による乱射事件云々とあったので「面白そう」と購入を決定。予想したよりも立ち回りは少なかったが、巧みなストーリー展開でなかなか真犯人にたどり着けない。ふと気づくと主人公の佐倉と一緒になって犯人を追っていた。「うだつをあげない」ヤクザの跡見はスジ...続きを読む
  • スーパー・ゼロ
    ストーリーは相変わらず面白い。

    が、「これは理系の学術書か?」と思わせる程に小難しい専門的な話が大部分にわたってなされている。
    こてこての文系の私にはきっとそんな部分の3分の1も理解出来ていない。理解出来ないが故に「なんかよく分からないがすごいらしい」というとてつもなく頭の悪い結論に達し、最後まで...続きを読む
  • ネオ・ゼロ
    今回も面白かった。ほぼ1日で本を読み終える程に夢中になるのは久しぶりだった。

    前作同様の空中戦の臨場感に加え、サスペンス要素の強さも堪らない。まさに手に汗握る展開。張り巡らされた陰謀に読みながら体に力が入った。

    アメリカやソ連に翻弄されたまま、為す術もなく日本は敗北するのか。そう思ってしまったと...続きを読む