「鳴海章」おすすめ作品一覧

「鳴海章」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/11/05更新

ユーザーレビュー

  • 鎮魂 浅草機動捜査隊
    浅草機動捜査隊シリーズ、8作目。

    とうとう辰見刑事が定年に。最後の一日だというのに、次から次へと事件が勃発し、まさかの、、、展開になりそうだったけど、ならなくて本当に良かった。「マリアの骨」とか「カタギ」などこれまでのシリーズ作品と重なることも多く、グッとくる場面もいっぱい。小町の方も、かなり、と...続きを読む
  • ネオ・ゼロ
    鳴海章のゼロ・シリーズ第2作。
    刊行順でいえば、こちらが1作目。
    エピソード4から始まったSWみたいな感じ(?)なので、こちらから読んでもいいかも。

    表紙に描かれているのが、ハリアーに似ているけれど「ネオ・ゼロ」
    1990年代にF2が配備されたが、実際FSX計画という次期主力戦闘機の純国産開発計画...続きを読む
  • ゼロと呼ばれた男

    空自時代のジークの話

    他の方が書いているように、「ゼロ」シリーズのエピソードゼロに当たる作品。
    20年前、文庫本化された時、本屋で見つけて鳴海章にはまった作品です。
    懐かしのファントムが出てきて空を舞い、ソビエト機とのせめぎ合い、アメリカの謀略が絡み合って、ドキドキしながら読み、最後のシーンを読んだ時、しばらく動けな...続きを読む
  • 刑事道 浅草機動捜査隊
    浅草機動捜査隊 7本目 小説と同じく時は過ぎていく。稲田班長も三作目に辺り 今回は余り表に出なかったけど、拳銃が趣味の彼女 コレを活かした捜査を願いたい。 さて、今回 オレオレ詐欺の裏舞台を忠実に書き上げてあり、かけ子に売り子出し子。実際、詐欺にかからないようにするには電話に出なかったらいいんだし、...続きを読む
  • 痩蛙
    サラリーマンをしつつプロボクサーをする幸治は、ある日行きずりの年増のホステスチエ子を抱いた。付きまとうチエ子を疎ましく思うが、仕事を失いボクシングも止め全てを見失った幸治に再びリングに戻る勇気をくれたのはチエ子だった。

    これは泣かずに読むことが非常に難しいです。前もボロ泣きでしたが、またうっかり電...続きを読む

特集