「さだまさし」おすすめ作品一覧

「さだまさし」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/03/07更新

親父の一番長い日
  • ブラウザ試し読み

回転木馬
  • ブラウザ試し読み

案山子
  • ブラウザ試し読み

風に立つライオン
  • ブラウザ試し読み

加速度
  • ブラウザ試し読み

関白失脚
  • ブラウザ試し読み

関白宣言
  • ブラウザ試し読み

きみのふるさと
  • ブラウザ試し読み

教室のドン・キホーテ
  • ブラウザ試し読み

極光
  • ブラウザ試し読み

秋桜
  • ブラウザ試し読み

最后の頁
  • ブラウザ試し読み

歳時記(ダイアリイ)
  • ブラウザ試し読み

防人の詩
  • ブラウザ試し読み

SUNDAY PARK
  • ブラウザ試し読み

しあわせについて
  • ブラウザ試し読み

指定券
  • ブラウザ試し読み

主人公
  • ブラウザ試し読み

自分症候群
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • アントキノイノチ
    自分とはかけ離れてる、命の重みに向き合う仕事。誰かを救う仕事。自分も人の助けになることを何かやりたいなと思った。それで、自分が自分の心を助けられるかも。

    雪ちゃんが壊れそうになったときの精神科医の言葉がいい 壊れてるんじゃなく、葛藤だと。哲学だと。自分も救われたような気がした。
  • 眉山
    つい最近、映画のTV放映を見たので、興味がわいて読んでみた。
    ストーリーも微妙に違っていて、お母さんと娘の関係がよくわかって、映画より本のほうが好きかな。
    でもお瀧さんのイメージは映画と本がとってもマッチしていて素敵だなぁと思いました。
  • はかぼんさん―空蝉風土記―
    さだまさしさんの本は好きだ。
    作詞作曲などする方は、文章もいいし世界観もいい。
    でも、どうもでてくる主人公を、脳内イメージ映像が
    さだまさしさんでできてしまう。

    文章うますぎて騙される。本気でさださんの体験談だと思って読んでて
    最後の解説か何かで、「あ、フィクションだもんね」と気づく。
    あまりに自...続きを読む
  • 解夏
    文章のいたるところで、「好奇心が試される」

    今の自分にとても寄り添うな、さださんの本。
    縁を感じる。

    最後の一文「解夏であった」

    とてもとても染み入った。
  • アントキノイノチ
    これは繰り返し読むことになるだろう、と思う。


    映画もあったなと、後日急いで、期待して、観たけれど…
    本と映画はまったくの別物だ。

特集