濱野大道の一覧

「濱野大道」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/22更新

ユーザーレビュー

  • 羊飼いの暮らし イギリス湖水地方の四季
    オックスフォード大学卒の羊飼いの書いたノンフィクション。文章は簡潔で分かりやすく、誇り高く生きる羊飼いの心を描く視点は俯瞰的。「1987年のある雨の朝、自分たちがちがうのだと気がついた」という書き出しで本は始まる。英国の羊飼いの生活で当たり前に使われる用語、例えばフェルは山、レースは細い通路、などの...続きを読む
  • 民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―
    民主主義を守っているのは憲法や法律よりもむしろ本書でやわらかいガードレールと呼ばれる規範や慣習であり、独裁者はまずそこを攻撃する、という指摘は説得的。
  • 津波の霊たち 3・11 死と生の物語
    津波に襲われた小学校の記録であり、多くの被災者が体験した「霊的現象」の記録であり、「世界の活火山の10分の1が集中し・・・世界的にも珍しいトリプル・ジャンクション(三つのプレートの境界がぶつかって交わる点)がひとつどころか、ふたつも存在する・・・激しい自然の暴力にさらされる国」(P223)における国...続きを読む
  • 民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―
    鈴木 幸一(インターネットイニシアティブ会長CEO)の2018年の3冊。
    「規範」と「自制」を捨てたトランプが大統領となった米国で、民主主義が崩壊する危機を分析している。
  • 津波の霊たち 3・11 死と生の物語
    津波の犠牲者をその周りの人々がどのように受けとめたのか。もちろん受けとめ方は人それぞれなのだが、それらがうまく構成されたドキュメンタリの中に編み込まれている。構成の軸は大川小学校の事件。この事件を詳細に見ていくだけでも、様々なことを考えさせられる。誰が悪い訳でもないが、問題はこじれていく。それを少し...続きを読む

特集