濱野大道の一覧

「濱野大道」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2020/07/10更新

ユーザーレビュー

  • 津波の霊たち 3・11 死と生の物語
    お恥ずかしながら、大川小学校のことはうっすらとしか知らなかった。金田住職がおっしゃる通り、報道で取り上げられなかった数多くの悲しみとは異なると評価すべきではないし、よもや上にも下にも置きたくないと思っていたし、その考えは今でも変わらない。
    ただ、私はあまりにも何も知らなかった。3.11といえば、人や...続きを読む
  • トーキング・トゥ・ストレンジャーズ~「よく知らない人」について私たちが知っておくべきこと~
    自分がよく知らない人と話すときに、どうすればよいかー。

    物語調に進んでいくこの本は、黒人女性が些細な理由(車線変更時にウィンカーを出さなかった)で違反切符を切られるところから始まる。
    女性は投獄され、獄中にて自殺した。

    この事実は、アメリカ中に拡がり、
    世間は黒人に対する差別だ、偏見に満ちた警察...続きを読む
  • 津波の霊たち 3・11 死と生の物語
    怖いのと精神的にきつくて一気に読めなかった。悲しみと一緒に生きていくということがどういうことなのか、津波のことなどを深く考えることが出来てとてもよかった
  • 民主主義の死に方―二極化する政治が招く独裁への道―
    アメリカを含め、世界各国の民主政治や民主化、そして独裁化の多様な経験を事例として多く引用し、民主主義の持続に必要とされる要素について理論を組み立てている。
    制度的側面のみでは民主主義を保つことには十分ではなく、政治に参加するひとびと、政党、組織の間での不文律が大きな役割を果たしていることを論じる。相...続きを読む
  • 黒い迷宮 ルーシー・ブラックマン事件15年目の真実
    英国人ジャーナリストの渾身の取材による2000年に起こった英国航空元CA女性の失踪・殺人事件に関するノンフィクション翻訳版。私の知らない日本が炙り出された名著だと思う。比較文化社会論としても興味深い。

    原題は"People who eat darkness"。推して知るべし。

    なぜ元CAが六本木...続きを読む