大岡信の一覧

「大岡信」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

第八 折々のうた
NEW
924円(税込)
おとぎ草子
NEW
792円(税込)

作品一覧

2021/10/28更新

ユーザーレビュー

  • 折々のうた
    とりあえず一家に一冊置いておきましょう。たまに読み返してみれば、その時々で琴線に触れる詩歌が見つかるのではないでしょうか。
  • うたげと孤心
     大岡信の文学史的評論である。祝祭性や集団性と、その対極にあるかのような個人的創作とが日本文学の中では調和していたことを述べる。さまざまな具体例を引用し、論評を加えつつもその切り口は自ら詩を作る創作者としての立場が貫かれている。文学を研究の対象とする学者とはかなり扱い方が違うと感じた。
     文学が個人...続きを読む
  • 日本の詩歌 その骨組みと素肌
    社会の状況と関連させつつ議論しているので、分かりやすい講義録になっている。女性注目した3章と5章(女性歌人と中世歌謡)がとくに印象に残った。
  • 日本の詩歌 その骨組みと素肌
    重税への怒りを詠う

    平安時代の学者で政治家、菅原道真といえば、学問の神様として名高い。毎年正月になると、道真をまつる福岡県の太宰府天満宮は初詣の受験生でにぎわう。学者として異例の出世を遂げたが中傷のため太宰府に左遷され、失意のうちに死んだことから、死後、祟りをなしたという伝説もある。

    しかし菅原...続きを読む
  • 自選 大岡信詩集
        わたしは唄をもつだろう

       後れ馳せながら、大岡信さんを追悼して

     詩人は詩作によって食べてはゆけず、現代日本文学が詩を失ってからしばらくのあいだ、詩は歌謡曲に住処を求めはじめ、また人びともそれを享受してきたが、今となってはその歌謡曲の存在が心配されている。と、ペシミスティックな冗談は...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!